単発の副業バイトで月収5万!確実なものはどれ?

40歳のサラリーマンです。家内と合わせればそれなりの収入がありますが、週末はどうしても体を動かしたいというのが本音です。

それも肉体労働がしたいという希望もあって単発の肉体労働を行う生活を続けています。個人的には健康的だと思います。今回は大体月収5万円行ける副業を選んでみました。

一番確実なのは短期派遣アルバイトです。その内容は多種多様です。わかりやすいところでいけば、引っ越しや建設現場、そして物流のサービス現場などがわかりやすいところです。

また、コンサートやイベント会場の警備などもあります。状況によっては工場のラインに入ったり、物流管理を行うこともあります。

さらに最近では自宅でできる内職のような仕事まで用意されていることもあります。アルバイトと言いながらも派遣登録することになりますので、必然的に源泉徴収が発生することは意識してこのある愛とには取り掛からねばなりません。

個人的に単発と言いながらももっとも多く入っているのは引っ越しや建設現場です。これは月収5万以上は確実です。

単発の副業バイトは仕事とのバランスが良く手軽に稼げる

個人的に週末には体を動かすことをベースにしたいのでちょうどよいということもあります。また、単発といえども派遣契約している現場とはつながっていますから同じような仕事をしたいといえば、必然的に同じような方々とつながりもできないことはありません。

また、単発といえども、月払いになっているのはメリットでもありデメリットでもあります。本当の単発のアルバイトで引っ越しや建設現場ならその日に給与が支払われることも当たり前ですから。

一括でもらうほうが安心だし、契約関係があったほうが支払いが反故にされることもないのではないかと思います。

私自身は肉体労働を運動代わりにしたいのであえて希望してこうした現場を選んでいますが、女性でかつ自宅で何等か仕事を単発でうけたいというのであれば、希望すればあっせんしてくれることも可能だと思います。

とにかく事前の登録時点でシフトに入れる日時、そして既往の職種などを入れるだけで自動的にメールなどでヒヤリングが入りますのでお手軽です。

日雇い単発バイトのメリットとデメリット

日雇い派遣のアルバイトのメリットは何といっても自分が好きなタイミングで、好きな仕事を選びやすいというところです。

もちろん、事前登録する際に自分自身が就業可能な時間や曜日、さらには業種などを決めておくことが出来る点です。だからこそ、時間に 余裕があるときはいくらでもシフトに入れてくれと営業担当に連絡することも可能です。

また、インターネットで業務可能日を登録することも出来ますので非常に融通は利きやすい といえます。

わたしは基本的には土日連続でシフトに入れて仕事をしてしまうと家族サービスもできなくなってしまいますので土曜日だけの仕事にすることにしていました。これなら 日曜日は球形に当てたり、家族サービスに充てることが可能です。

また、丸一日の作業だけ ではなく半日の作業、さらには持ち帰って内職のような仕事をすることも出来るのは非常にラッキーでした。

家にいながら仕事をしたい場合はうまく仕事内容をかえればよいだけです ので。

逆にデメリットといえば、メリットの裏返しでもあるのですが、自分のやりたいときに短期のシフトでアルバイトとなれば、希望するタイミングに希望する仕事がないことも多々あります。

ですから計画的にはやめにシフト希望を出しておかねばならないところが難しいところ。そして、短期だけに変わりが見つけれないこともあって、プライベートの都合で急にキャンセルできない点です。

また、短期のアルバイトだけに仮にその現場が自分にとってマッチしているかどうかなど実際にはいってみないと分かりません。1日か2日といえども、またお給料をもらえるといってもそれが本当にプラスかどうか。

とにかく早めにシフト登録することが重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る