週二回でも月収4万プラス!家庭教師ならバレずに副業可能です!

大阪府に在住の40代会社員、男性です。大学を卒業後、製造業に勤めています。社会人になった後ですが、一時期、家庭教師のアルバイトをしていました。そのときの状況について書かせていただきたいと思います。

私は学生時代から家庭教師のアルバイトをずっとしていました。対象は、中学生から高校生までです。そのときの時給はおおよそですが、中学生低学年で2000円、中学3年生と高校生で2500円、高校3年生で3000円でした。大学卒業後に大手製造業に就職しました。

 

社会人になってから短期の家庭教師を引き受けて稼いだ

その当時、特にお金に困っていたわけではありませんが、頻繁に飲みに行ったり遊んだりすると、やはりお金が底をついてきます。そういう意味では、プラスアルファの収入があるに越したことはないと思っていました。

そういう状況の中、入社2年目のことですが、会社の事務の方(失礼ながら大卒ではありません)から、うちの子どもに教えて欲しいという依頼がありました。

会社では二重雇用は禁止されていますが、個人的な依頼であるので問題ないだろうと思い承諾しました。

教えるのは、高校3年生の息子と中学2年生の娘さんです。週に1日、平日の夜に訪ねて行って、今日は息子さん、次回は娘さんといった感じで、1回につき3時間程度教えました。

給料は厳密に決めていた訳ではありませんし、会社の方ということである程度こちらの好意もありましたので、先方にお任せしていました。2回訪問して1万円に食事付きでした。月平均では、2万円強、多い月で3万円ということになります。

またもともと長期ではなかったので、教える内容はこちらが計画を立てて進めていくことはしていません。当日訪問したときに、先方の子どもが分からないところを教えるというスタンスでした。

私も学生時代は家庭教師に自信もあったのですが、久し振りということもあり、少々忘れがちな箇所はありましたが思い出しながら、何とか教えることが出来たと思います。

結局4~5ヶ月続いて終了となりました。高校3年生の息子は国立大学に受かりましたし、先方にも喜んでいただけたと思っています。

家庭教師の副業は社会人でもバレずに稼げますよ!

まずは家庭教師の一番のメリットですが、他の仕事に比べて自給がいいということです。社会人であれば基本的に平日は仕事をしていますので、あまり時間的な余裕がありません。

週末を使って作業のきつい仕事でフルに働いていては、疲れがどんどん溜まってきます。その分、平日の仕事の効率が落ちたり、眠気が出たりということになりかねません。

プラスアルファの収入を求めるはずが、本業に悪影響を与えたのでは、本末転倒になってしまいます。短時間でそれなりに稼ぐには、家庭教師はとてもいいと思います。

それから、二重雇用を禁止されている会社もあるかと思います。家庭教師の登録などをして仕事をしたのでは、やはり雇用されたことになります。

個人的な依頼であれば、いわば謝礼をいただいたことになり、雇用とまではいきません。ですので例え副業がバレても法的にも問題がないと思います。

もし二重雇用が禁止されていない会社であれば、家庭教師を派遣するところへ登録するのもありだと思います。

家庭教師のデメリットですが、大学生ならともかく、社会人への依頼というのは、なかなかそういった機会がないと思います。そういう意味では、私はラッキーでした。

それから家庭教師を依頼する親としては、大金を出費する訳ですから、切実なる思いがあります。単なるアルバイトと割り切っている方には、家庭教師は向きません。

ある程度の責任を負うことを理解しておくことが必要です。またこれは家庭教師に限りませんが、副業をしていることが社内に知られてしまうと、やはり良くないと思います。

例えば疲れた顔をしているだけで、副業しているせいだと思われるでしょうし、本人の査定にも影響してくることもあるかと思います。

収入を得たいのは山々ですが、副業はなるべく最小限にし、本業に影響を与えない範囲内にしておく方がいいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る