40代の男性でもライティングの副業で手軽に月収8万を稼げます!

40代男性で普段は会社員として働いています。職種はシステムエンジニアでインターネットやIT機器を使いこなしがら仕事をしています。 また、取引先との打ち合わせで外に出る機会も多いので、その間の移動中や通勤時間で副業をしています。

主にやっている副業はライティングです。 これで月の平均月収は8万円ほど。仕事内容は、記事を代行で書くことです。 記事の内容は、色々なテーマがあります。

健康・恋愛・芸能・グルメ・ビジネスととても幅広いジャンルのテーマで記事を書きます。 記事と言っても、自分のために書くのではなく、人の記事を代行して書くのです。

手軽で簡単!ライティングの仕事内容とは?

最近は、個人でブログを立ち上げている人やホームページを開いている人が増えています。 彼らが更新している文章を代行して、記事を書くのです。

また、メーカーから商品説明の記事を代行することもあるのです。 このような仕事がライディングです。

しかし、一人でライティングのテーマを依頼する人を探すことは、非常に困難なことです。
そのためにクラウドサービスを使うことになります。

具体的には、ライティングを運営しているクラウドサービスやサイトがいくつかあります。 そこに会員登録をすると、記事代行依頼のテーマがたくさん集まっているのです。

その中から、自分の書けそうな記事を書くのですが、記事を入行後、依頼したオーナーから内容が承認されれば、報酬が支払われるのです。

記事の文字数は、短いもので400文字程度す。多いものになると3000文字〜4000文字となり、その分だけ報酬単価も大きくなってきます。 報酬単価は100円〜2000円と幅広いのですが、より多くの収入を得るためには、単価の高い記事を書くことです。

また、記事を書くと言っても、実際にペンを使い原稿を書くのではなく、パソコンで文字をサイトにある記事入力欄に打ち込んでいく方法が取られています。

従って、スマートフォンで文字を打ち込んで、記事を書くこともできるので、副業として取り組みやすいのです。 慣れると手軽荷出来る副業です。

ライティング副業バイトのメリットとデメリット

ライティングをメリットは、副業としては、即効性の高い仕事と言えることです。 アフィリエイトやネットショップのような副業で収入をたの得るためには、かなりの年月が必要です。

準備期間もそれなりにかかります。

しかし、ライティングは記事にして納入した後に、オーナーから承認されれば、すぐに報酬となるので、やればやる程、収入にも結びつくと思います。

また、インターネットが繋がる環境であれば、パソコンでなくても、スマートフォンやタブレットで記事を書くのですが、記事を書くことができるので、場所や時間の制約が少ない中で仕事ができる点もメリットです。

筆者は、空いている時間を利用していますが、通勤電車の中や、オフィスにはいる前に1時間程、近くのカフェでライディングをしています。

帰りの時も行っていますし、就寝前に疲れがなければ、少しだけ行うこともあります。 自分のペースでできることが、自分に合っていると思っています。

デメリットは、他の副業と比べて月の収入が数万円に留まってしまうことです。 記事単価が低いために、月に数十万円もの収入にすることは至難の業でしょう。

ライディングで稼ぐコツは、自分の得意なテーマを中心に書いて、記事作成時間を短くすることです。慣れてくると1記事20分〜30分で書き上げることが可能です。

そうすることで記事数を増やすことができるので、収入を増やせるのです。 また、報酬単価の高い記事を書くこともいいのですが、1記事に時間が掛かり過ぎたら、効率性が低くなるので、数をこなすことが難しくなります。 

したがって、少しでも書きやすく単価の良いテーマを選別することが大事です。 ある程度、実績ができたなら運営サイトを通じて、オーナーから記事作成依頼が入って来るようになります。

この時の条件が比較的に良いので、オファーがあれば、積極的に取り組むことです。

関連記事

ページ上部へ戻る