怪しいデリヘルのドライバーを副業でやったらあっさり月収15万稼げた

初めまして、私は今電気工事士の社員として働いています。今年で27歳になりますが、まだまだ勉強不足なもので、日々読書や、動画なので、お金を稼ぐ方法について勉強しています。そんな向上心のある私にとって、夜職というのは稼げるという匂いの誘惑にガッツリハマっていきました。

ここだけの話なのですが、サクッと月給15万が稼げた副業があるので紹介します。

ほとんど知られてないデリヘルドライバーの副業とは?

私の副業はデリヘルのドライバーです。デリヘルみたいな風俗業は昼間よりもやはり、夜の方がお客さんがいるので、夜に副業として働いていました。時間的には夜の20時から午前3時くらいまでが目安として、働いていました。仕事内容はと言いますと、結構簡単なことです。

風俗嬢を車に乗せて、指定したホテルまで送ってあげて、時間になると迎えに行き、待機部屋、または自宅まで送迎する。というのが私の仕事内容でした。大体が、ラブホテルが多かったですね。

ラブホテルも、ほとんどのホテルが密集していて、1つ1つの場所で覚えるというよりは、エリアで覚えていく感覚でした。1人づつ送迎という訳ではなく、複数のデリヘル嬢をまとめて乗せる時もありました。

お給料はその風俗店のグループにもよってピンキリで全然違うのですが、私のところは完全歩合制でした。と言いますと、片道500円でした。これはガソリン代も含みます。

つまり、デリヘル嬢を待機部屋からホテルまで連れて行って、時間になって迎えに行って待機室まで送る、この一連の流れで1000円となります。遠方だと、別途で交通費が支給されます。

目安で言えば、片道1時間かかるホテルや自宅まで送る時は別途5000円です。1往復の基本料金と合わせれば6000円ですね。遠出の時は、事務所に帰る時間もないので、近くで時間を潰していルことが多いですね。

当時だと、パチンコ屋でジャグラーとか打ってましたね。あとは、風俗嬢が勤務時間を終えて自宅まで送ってあげるのもドライバーの仕事でした。

この時は、給料は発生しませんでした。出勤の時も駅まで迎えに行ったり、家の近くのコンビニなどで待ち合わせをして迎えに行ってあげていました。

デリヘルドライバーのメリットとデメリット

デリヘル嬢の送迎によるメリットとデメリットについてですが、メリットはとにかく楽チンだということがあると思います。この仕事をしていて美味しいな〜と思った時はこのような時です。4人まとめて同じホテルへ連れていく4人連れのお客さんとかもう神様ですよ。

私は事務所から車で3分くらいのところに、4人ん風俗嬢を乗せて500円を4人分で片道2000円です。本当に迎えに行けば、往復で4000円儲けることができます。ちょっとそこからそこまで運転して4000円というのは、美味しい仕事だと思います。

あとは、地図を頭の中に叩き込めるということでしょうか。この仕事をしていると、とにかくスピードが大事です。タクシーの運転手よりもある場所なら私の方が信号のタイミングから、車の混み具合、裏道と時間把握が完璧に暗記できていました。

あとは、風俗嬢とちょっと仲良くなるとすぐ恋愛関係になれるということです。

風俗嬢は基本的に1ヶ月でレギュラーだと100万円くらいは余裕で稼ぐので、お金持ちです。

更にお金の使い方がとても下手くそです。さらに、お店のにはあまり愚痴とか言えない環境だったので、ドライバーである私がその愚痴を聞く役でした。

そうすると、恋愛関係にもよく発展していました。これはデリヘルドライバーの最も素晴らしいところだと思います。

しかし、デメリットとして、意識的に仕事をしていないと、何も残らない仕事になってしまいます。

簡単な仕事なので、スキルアップというのが難しい職業ですし、何歳の人でも出来ますし、昇進も昇給もありません。これだけで飯を食べて行くってなると、正直厳しいと思います。

後は、私はタバコを吸わないのですが、デリヘル嬢の多くはタバコを吸いますので、車の中がタバコ臭くなるのはこの仕事の大きなデメリットの1つと言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る