40代の副業は辛い?クリーニングの副業バイトで月収7万

38歳男性で建設業の営業職を15年間ほど行っています。 思っていたように収入が伸びず、本業だけでは生活を続けていくことが困難と感じて、数年前から副業を行う決心をしました。

副業を行えば、なんとか生活が安定している状況です。私は事務所の掃除の副業をしていました。 仕事内容は、作業をしていない事務所のあらゆる場所の掃除を行うと言う内容です。

平均月収や約7万円、40代になると副業をしようにもそんなに選択肢はないです。履歴書や面接で落ちてしまうことが多く、できたのがこのバイトというわけで、とにかく頑張ってやっています。

40代でなんとか得られた副業清掃バイトの内容とは?

義務所のフロアーカーペットの掃除や、タイル部分のワックスがけ、窓ガラスやトイレの清掃、時期によってはエアコンのクリーニングまで行っていました。

仕事内容は、ただクリーニングを行うと言う内容ですが、クリーニングを行う部分に合わせて器具が異なりますので、その器具の使い方をマスターする必要がありました。

また、そのクリーニングを行う事務所まで車を運転して行く必要がありますので決してある程度、その地域のことを知っておく必要があるのも、この仕事の大きなポイントになるでしょう。

一般的な事務所のクリーニングであれば、誰もいない事務所での作業になりますので、深く考えることなく作業を進めることができますが、時期によってはコンビニなどのタイルの大規模な清掃もありました。

コンビニの場合は、深夜といえども、営業を行いながらの作業になりますので、お客様に気を使いながら、さらに店員の方にも気を使いながらの作業が続きます。

そして、カラオケボックス内のクリーニングもありました。営業はしていませんでしたが、作業時間が限られている場合があり、まさに時間との勝負のような状態になることもありました。

クリーニングの仕事は、見た目が綺麗になれば作業が完了とみなされますが、どうしても綺麗になったかどうかは主観的なものがありますので、お客様がそのクリーニング後の状態に満足してもらえなければ、再度手直しがある場合も少なくなく、基本的にはとても大変な仕事内容でした。

覚えることが多く大変ですが、時給が良いということと、達成感もしっかり感じることができました。

クリーニングの副業バイトをやって感じたメリットとデメリット

クリーニングの副業のメリットは、体を動かす作業のため、不思議と気持ちが楽になれることです。
また、一つの作業場に向かう場合には、一つのチームを組んで行動して作業を行うため、そのチームでの一体感を感じることができ、より達成感を強く感じることができました。

本業ではこうしたチームプレーのような場面はありませんので、強い達成感はとても大変な仕事内容ですが、その大変な作業を忘れさせてくれる喜びを感じることができました。

また、その土地にとても詳しくなると言うメリットも感じることができました。

さまざまな場所に移動をしますので、今まで行ったことのない場所にとても詳しくなります。一般的な会社やコンビニ、スーパーなど、クリーニングを必要としている会社はとてもたくさんありますので、こうしたことの知識も増えていきます。

そして、この副業は大変な面もありますが、時給がとても良いことも大きなメリットです。最初にこのクリーニングの副業に決めた理由も、時給が他の仕事よりも遥かに良かったからです。

また、仕事をしたい時間帯や日にちのシフトが組みやすいこともメリットです。本業とのバランスを加味しながら決めることができました。

この副業のデメリットは、コンビニなどへのクリーニングの場合は深夜になってしまうことです。次の日が休みの場合は良いのですが、休みではない場合は体力的に限界を感じることがあります。

このクリーニングの副業は、慣れればそれ程難しい作業ではありませんので、稼ぐコツとしてはやはり体力が続く若い時期に早目に行っておく副業ではないかと感じます。

また、いろいろなタイプの人がこの仕事をしていますので、会話などとても勉強になることがたくさんありました。


関連記事




ページ上部へ戻る