派遣のパッケージ検品作業の副業で月収3万稼げました。

神奈川県住まい、当時25歳。カフェテリアの仕事をしていますが、その時は始めたばかりでシフトにあまり入れず、奨学金の返済もありましたので、収入のプラスになればと派遣スタッフとして副業バイトをさせていただきました。私がやったのは有名食品メーカーさんのパッケージ検品作業が主でした。副業としては月収3万円でそんなに高くないのですが、貴重な体験だったので記事にしようと思います。

 

パッケージ検品作業の仕事内容とは?

 

紙パックジュースの検品の際は2人組になり、ラインを挟んで向き合って立ちます。ジュースを持ち、回転させながら目視にてチェック。ジュースの角が潰れていないか、賞味期限の印字は消えていないか、ゴミ・虫などの異物が入ってしまっていないかなど。

 

海外からの輸入の場合、見たことが無い虫が入っていたりして驚きます!些細なことでも、お客様のクレームに繋がりそうなものはとにかく弾きます。

 

こんな少しくらいの角の潰れや汚れなら…という気にもなってしまいますが、流れ作業ですので悩んでしまうと作業が止まってしまいます。自分達でチェックして判断が難しいものは社員さんに検品をして頂くことも可能なので、気になるものがあった時は弾いてしまう方が賢明なようです。

 

検品したものは向きを揃えて別のダンボールに詰めて流します。場合によっては、そのダンボール箱に詰められたものを機械に通し、ビニールに包む作業やラベルを貼り出荷に向けての作業を任される事も。

 

業務用ソースの検品は大きなビニールパックに入っている為、容器を揉み、漏れがないかを確認。ジュース同様に印字が擦れて読めなくなってしまわないかをチェック。

 

しっかりとした素材のビニールなので、目視だけではなく、匂いを嗅ぎ、隅からの漏れていないかを最終チェックします。

 

女性は検品が主になりますが、こちらの作業は各テーブルごとに行なうので、男性の方は業務用ソースをテーブルに運ぶ作業を任される方もいらっしゃいましたが、なかなかの力仕事のようでした。

 

どの作業も片付けまでがセットになります。重い道具を移動する事もありますし、簡単にゴミ拾いで済むだけの事も。基本的には単純な作業ばかりになります。

 

パッケージ検品作業を副業にして感じたメリットとデメリット

この有名商品メーカーでのパッケージ検品作業の副業バイトの良いところは・・・。

 

  1. 自分の予定の空いている日に働ける
  2. 派遣スタッフとはいえ気にかけてもらえた・お昼休憩に商品をもらえた

というところです。

有名商品メーカーさんはさすがという感じで、派遣スタッフとはいえ親切に作業を教えて貰えるので作業がわからず、困って立ち尽くす…なんて事はありませんでしたし、声もかけて頂けて和やかにお仕事を続ける事が出来ました。

 

私は基本、毎週木曜日に働かせて頂いていましたが同じ曜日ですと、派遣スタッフさんのメンバーも大体同じ顔ぶれに。気の合う方がいらっしゃったら同じ曜日で働くようにするとより楽しく働けるかもしれません。

 

またこちらの現場では、メーカーさんの商品であるジュースお昼休憩の時に頂けるのが嬉しかったです。お一人様一本になりますが、色んな物から選べますし、試飲ではありませんが普段購入しないものを飲む事も出来ました。

 

逆に悪いところ、気になったところは、・・・

 

  1. 現場までのアクセスが非常に悪い
  2. 作業環境が寒い

と、いうところです。

現場が工場なので、町外れにあります。駅から徒歩で20〜30分位。交通費は出ません。工場に無事に着くと、作業場までがこれまた遠い。3回目位からはすんなりとたどり着きますが、しっかりと道順を把握しておく必要があります。最初の内は余裕をもって出勤する事をオススメします。

また、工場内は雨風は防げていますが、暖房等は効いていない為、結構冷え込みます。大きいストーブを設置して頂いてはいますが、冷え性の方はホッカイロなど、自分で体調管理が必要になります。

より稼ぐコツではありませんが、同じ現場に定期的にお仕事をさせてもらい、副業仲間としてお友達を作ると色々なお話も伺えますし、また副業と本職のお仕事内容がかけ離れていますと気分転換にもなり、継続しやすいのかと思いました。

関連記事

ページ上部へ戻る