めんどくさがりの私でも月収10万稼げたのがクラウドの仕事です!

私は、45歳で会社員しています。朝から夜まで働いて、家でゲームをしたりしていました。なお、その時には副業とかはめんどくさいからやめておこうという考えでした。さらに、稼げない副業が多いと考えたので、全くやっていませんでした。そんな私が最近ハマってしまっているものが、ランサーズやココナラなどのクラウドサービスです。実はこの仕事で月収10万円をひそかに手にしています。

 

私がチャレンジしたのはタスクとライティングの仕事でした

 

主に、私がクラウドサービスでやったのは、タスクとライティングでした。タスクでは、決められた作業をこなす事で報酬が発生します。タスクと言ってもたくさんの種類があって、中には簡単で高単価な依頼や、難しくて高単価な依頼などがありました。

 

自分の好きなタスクをやっていれば自然と稼げると思います。さらにライティングでは、何文字以内で書くという依頼を主にこなしておりました。私は昔から、文章を書くことが得意だった為に自分の長所を最大限に活かせる副業のような気がしました。

 

内容も構成もよく考えさせる依頼が多くて、書いているだけで自分の文章力があがる気がしました。さらに、たまにネーミングという物にも挑戦したりしました。

 

ネーミングというのは、自分の独創的、及び発想力でネーミングをすることにより報酬が貰えるというシステムです。なかなか頭を捻って考えたネーミングの案が採用された時には、感動するほどです。

 

なおネーミングが1番報酬単価が高いため、ネーミングの報酬が月収をかなり左右していると思います。ネーミングがあまり採用されなかった月には、5万から8万円程にしかならないこともあります。

 

ですから、ネーミングの報酬は月収の半分以上を占めているという事が分かります。なお、ライティングの報酬もネーミングの報酬の次に占めています。

 

やはりタスクは手軽で簡単という事により、報酬単価が少ない分たくさん数をこなさないといけません。

 

このような副業は、自分の想像力とか文章力とかを同時に高めてくれるので、自分を鍛えるためにも私は使用しています。なお、この副業は自分のペースで気軽にすることができるために、時間に囚われずゆっくりゆっくり仕事がしたい方には最高にオススメできると思います。

副業でクラウドサービスをやって感じたメリットとデメリット

 

この副業のメリットとしては、やはり何と言っても手軽に出来ることでしょうか。初心者の方にはオススメのタスク作業があるので、空き時間にゆっくり稼ぐ事ができます。タスク作業を繰り返す事で、慣れてきたらライティング作業やネーミング作業をするのも良いかもしれません。

 

なお前にも説明しましたが、時間に囚われずに自分のやりたい時にやりたいだけ仕事が出来るという点も良い点だと思いました。私は、仕事の昼食時間とか帰りの時間などにちょくちょくやったりしています。

 

このような空き時間で少しずつ出来るという点は素晴らしいと思います。デメリットとしては、まずタスク作業は簡単ですが報酬が少ない事でしょうか。タスクは数をこなす仕事だと私は考えています。

 

簡単だからこそ、数をこなす事で報酬が大きくなるだろうと考えています。一つのタスク作業の報酬単価はだいたい100円ほどですから「塵も積もれば山となる」ということわざのように、100円のタスク作業を10回こなすことにより1000円にする。

 

といった感じでやることが大切だと思いました。稼ぐ為のコツは、まずコツコツやる努力だと思います。

 

地道に少ない単価の作業を繰り返しやる力が無い方には向いていない為、コツコツやる努力が必要と思います。あとは、適当にやらない事です。

 

よく数をたくさんこなす為に、一つ一つの作業の文章の質が悪くなってしまったりしますが、それだとダメだと思います。文章の質が悪いと、当然非承認もされやすくなってしまいますから、結局数をこなした意味が無くなってしまいます。

 

ですからしっかりと文章を書きながら作業をする事が必要と思います。まず初心者は、数をこなすよりも文章をしっかり書くことから始めて見てください。

関連記事

ページ上部へ戻る