月収20万越え!夜間老人ホームの介護バイトは日給2万以上稼げます。

35歳既婚の男性です。職業は普段不動産の営業を行っています。子供が2人おり生活が大変です。住宅ローンと日々の生活費に追われています。趣味はスポーツ観戦・スポーツをすることも好きですが、今は時間が取れず、若干メタボ気味です。よろしくお願いします。

 

私がやっていたのは夜間の老人ホームの介護のアルバイトです。日給で23,000円もらえました。老人ホームの種類は有料老人ホームです。労働時間は17時~8時。労働時間は長いように思えますが、夜中などは特に忙しくなくフロア内で老人を見る事がメインになりますので、かなり眠気との勝負になります。

 

日数にもよりますが、月収20万越えも夢ではない副業バイトです。

 

夜間の老人ホーム介護の仕事内容とは?

 

具体的な仕事内容はそれほど難しいものではありません。老人の食事を運んであげたりトイレに誘導してあげたりすることがメインです。

 

おむつ交換などは必要としている人は私が見ているフロアには2,3人でした。大体、職員一人で20人を介護するのです。高齢者は皆個室にて生活をしているので、個室から少し中が見えるようになっており夜間は2時間に1度そこから利用者さんを見る事になっています。夜中などは正直暇でした。

 

休憩が2時間ありましたので少し体を休ませることも出来ます。ただ、ストレスになるのは仕事内容でありません。有料老人ホームに入居している利用者さんはお金もを持っている方が多いので、下手な介護をすると利用者さんの家族さんからクレームが入るのです。

 

服をきれいにたたんでほしい。食事の介助をもっとゆっくりしてほしいなど様々です。私の老人ホームは22時まで面会が出来ましたがいつも22時まで面会している利用者さんの家族さんなどおり少し業務がやりずらかったです。

 

日勤帯の職員の方などは利用者さんの介護だけでなく家族の方との対応に追われているようでした。利用者さんも要支援の方から要介護の方まで幅が広い為、それほど認知機能が落ちていない利用者さんもいるので、その方に応じた対応・介護が必要になってくるのです。

 

利用者さんによっては口のうるさい人もいます。私自身本当に介護(おむつ交換など)をしていた利用者さんは一部であとは接客業を行っているような感じがしました。

 

 

夜間老人ホームバイトのメリットとデメリットとは?

老人ホームの夜間のアルバイトのメリットは、慣れていればそれほどつらいと感じない仕事であり、給料もそれなりに高いです。コンビニのアルバイトや運送会社の仕分け作業等の仕事よりはアルバイトとして稼げる金額は高いと思います。

 

介護の仕事は一般的に肉体的につらいといったイメージを持っている方が多いいかもしれませんが、年配の女性なども多くに就労しており、私自身肉体的につらいと思った事は少ないです。

 

どちらかというと睡魔と戦うことが多いと思います。土木作業や仕分け作業よりは肉体的に楽だと思いますが利用者さんがこちらの意向を聞かないなどストレスを感じる事が多くあります。

 

ストレス耐性ができており高齢者(特に認知症)などの事がよくわかっている人ならば効率的にお金を稼ぐことが出来るかもしれません。老人ホームでの介護のアルバイトのデメリットは、働いている従業員の数が少ない為、アルバイトだからと言って安易に休むことが出来ない点です。

 

本職を持っている人などはどうしても仕事が入りアルバイトを休まなければいけないことがあると思いますが、介護の現場で働いている人が少ない為、別の人と変わることが難しいのです。

 

また、仕事の内容等は正規の職員さんと変わらない為何かあったときの責任は正規の職員さんと変わりません。利用者さんや利用者さんの家族からクレームが入るとアルバイトの方でも正規の職員さんと同じように対応しなければいけません。

 

何か問題がある場合などは所定の時間に仕事を切り上げる事が難しくなっていきます。

 

つまり、老人ホームでの夜間のアルバイトは職員の数が少ないので、シフトに入ってしまったあとのシフト変更が難しい為、アルバイトのWワークなどには良いですが、正規の職員とのWワークは向かないのです。


関連記事




ページ上部へ戻る