人生で一番楽に稼げたレアなバイトはエレベーターガールでした!

今は、専業主婦をしている群馬県に住む30代女性です。 結婚前に都内で働いていた頃、ダブルワークしていた事がありました。その時にした日払いのバイトが今までの経験の中で群を抜いて楽ちん、レアな副業アルバイトだったのでご紹介したいと思います

 

人生で一番楽に稼げたのは工事現場のエレベーターガール

 

池袋雑居ビル内にある紹介型派遣会社だったのですが、日払いの仕事も多く事前登録しておくと連絡がくるような会社で、仕事の日程が合えば現場へ向かうと行った流れでした。

仕事の内容としては、某有名ホテルの改装の際に、工事現場の方が乗るエレベーターに同乗し、乗ったり降りたりする際にエレベーターの開閉ボタンや階数ボタンを押すだけの簡単な仕事です。

工事現場の中とはいえ、某有名ホテルのエレベーターガールだなぁなんて思ったりもしました。

 

エレベーターに乗る時間も決まっているのか、1時間程度エレベーターに乗ると、30分程度の休憩があり、朝の9時に出勤し、17時に終わるのですが、ボタンを押していた時間は大体4時間位だったと記憶しています。

その他の時間は、休憩でした。ただ、休憩室などきちんとしたスペースはなく、工事現場の脇にテーブルとイスが置いてあり勝手に休んでといった趣の場所で休憩時間を過ごしました。

エレベーターは2台ありましたが、私と同じように休憩している方も何人かいらっしゃったみたいなので、1日3名~5名程度で回していたと推測されます。ただ、休憩時間がずれているのか、あまり同じ仕事をしている方との接触はありません。

工事現場の方と同じエレベーター内にいても、あまり話しかけてくる事もないので、誰も乗ってこない場合はエレベーター内で歌ったりしてやり過ごしていたと記憶しています。

時給は確か、1200円位いただいていたと思います。時間や場所などの拘束されはするものの、実質労働時間は4時間から5時間だったので1日7000円近く稼げました。

 

ボタンを押すだけで特に労力も入りません。労力を考えれば普通のアルバイトとしてはかなり破格な時給だったと思います。

このアルバイトの紹介はなかなか人気である事と、工事期間が短いため出勤する日数がかなり少なく私が紹介してもらえた日数としては4日程度でしたが、初日以外の残りの3日は休憩時

間の暇つぶしとしてゲームを持って行ったり、本を持っていきました。 私の人生の中で不動の1位のアルバイトです。

 

4日で3万以上稼げたので月収3万ですが、これなら毎日やって20万ぐらいいけるのではないかと思いました。

エレベーターガールバイトのメリットとデメリット

 

今も同じ仕事があるかは知りませんが、メリットとして、日払いであるという事と、時給が高いという事。そして実質の労働時間がかなり短いという事、体力を使う事もなければ、頭も使う事のない単純作業ということでしょうか?

普段は接客業と調理の仕事をしていたので、頭を使ったり、気を遣わなくてもいいのがやりやすかったです。

 

また、工事現場のおじさんにしか会わないので化粧をする必要もなく、持ち物もエプロンだけつければどんな服装でもいいとされていたので通勤も普段着でよかったのが楽でよかったです。

また、エレベーターのボタンを押すだけの単純作業だったので、ミスする事もなければ他の人に迷惑がかかると言うような事もなく本当に気楽に仕事に取り組む事ができました。

休憩時間も多く、漫画等持参すれば問題なく過ごすことができ、私にとっては本当によい副業でした。

とは、いってもいい事ばかりではなく初日の慣れるまでは、エレベーターの上昇や下降の際に若干気持ち悪くなりました。

 

もしかしたら、その関係で休憩時間が多く取り入れられていたのだと思いますが、エレベーターや飛行機の急上昇などで気持ち悪くなったり、苦手な人はなかなか厳しい職場かとは思います。私の場合すぐに慣れたので問題はありませんでした。

また、休憩時間が沢山あるものの就業中にトイレなどに行きたくなった時は困りました。一応トランシーバーを持たされており、緊急事態には連絡するように言われてはいましたが、数回トランシーバーで助けを呼んだ事もあります。今思うと、自己管理が全くできていないと反省しています。

工事現場の方が沢山出入りするエレベーターですが、会話はほとんどなく、同じ仕事をしている方ともあまり交流はないため、私自身は人見知りで人と話さなくても大丈夫でしたが、もし、人と話したりコミュニケーションを取るのが好きな方だと、閉塞感があるかもしれませんね。

ただ、やはり時給の高さと単純作業の工事現場のエレベーターガール、今もあるなら是非やりたいなと思います。