クラウドソーシングのライターは意外と高収入の副業バイト!

33歳主婦 10年間製造業勤務しておりましたが、業績悪化で給料の2割カットが続き定時であがる日々が続いたので副業を決意致しました。当時TVで在宅ワークの番組を拝見する機会が多くあり在宅でできる副業を探しました。

クラウドソーシング上でライターの仕事をしていました。クライアント様のマニュアルがあるのでマニュアルに沿いながら1記事1000円で買い取っていただいておりました。仕事の合間にやっていたのですが、大体月収は2万円になっていたと思います。

クラウドソーシングのライターの仕事内容について

マニュアルに関しては、入れなければいけない言葉を一定の基準値で入れること、記事の総量は○○○○字以上、見出し、小見出しで記事を細かく構成し、

 

見出しの下には必ず関係のある画像を入れること、商品紹介の際の掲示の仕方や文章の起承転結などに気を付けながら納期に間に合わせ提出しチェックをいただき、校正したのちにサイト内に掲示されるシステムでした。

パソコンのスキルもなくライターの仕事はやり始める前までは大分躊躇していました。

 

やり始めも初めはとても難しく感じましたが、質問などにはすぐに回答くださりとても助かりました。

 

記事作成の仕方は多々あるタイトルの中から自分の好きなタイトルを選び、その記事に関する情報をネット上で調べて自分の言葉にして書き直したり、書いた記事に関する画像を添付したりしていました。

 

記事のタイトルはとても多く、おすすめの化粧品やメイク方法、ダイエットの仕方やヘアケアなど美容関係、料理の仕方、旅行関係、ブライダル関係や流行りのファッション関係など比較的若い方が普段調べている様な内容だったので記事を調べながらとても参考になっておりました。

膨大な量のサイトを閲覧し自分の言葉で記事に仕上げますが、リライトされてる記事が多いので記事の信憑性は一抹の不安がありましたがなるべく医師監修の記事を参考にしながら作成しておりました。

1記事1000円、10記事ごとで二週間の納期期限があり、体調不良や二週間での納期が間に合わない場合は自由に延長もできたので在宅の副業としてはとても良かったです。

ライターをやっていけ感じたメリットとデメリット

まずメリットですが、1記事1000円という比較的高収入な金額です。私は他にもお盆花作りなどの在宅ワークを経験していますが単価がとても低く、一つ作っても1円にも満たないので全く稼げるような副業ではありませんでした。

納期にきちんと間に合わせているか、納期よりも早く記事が出来上がれば1か月で20000円以上の収入を見込めるのでとても良かったです。

さらに、お盆花作りなどの副業は材料がとても多く副業するにも場所をとったり、小さい子供がいたので材料や出来上がったお盆花を壊される危険性がありました。

 

しかし、ライターの仕事はパソコン一台で仕事ができるので子供が遊んでいる隣で仕事をすることができ、子供がいてもできる在宅ワークの一つだと思います。

また、ライターの仕事内容はおすすめの化粧品やヘアスタイルや美容に関する記事や、旅行の記事、ダイエット記事や掃除の仕方、効率の良い収納の仕方など主に10代から40代ぐらいの女性向けの記事でした。

私の年代的にも記事を執筆しながらとても参考になることが多くありました。また、クライアント様が良い方だったので質問や困ったことなど迅速に対応していただいたのでパソコンスキルも多少上がりました。 

次にデメリットですが、まずはかなり目を酷使します。仕事の納期が迫ってくると頑張ろうと思う気持ちとは裏腹に目が疲れ肩が凝り、頭痛に悩まされる事もしばしばありました。

1記事仕上げるのにかなりのサイト数を調べ上げて執筆するのでウイルス感染の危険性もあります。

 

旅行などの記事はまだ良いのですが、美容やダイエットに関しては、サイトの多くは同じようにリライトしている記事が多いので信憑性がどうなのかかなり不安もありました。

関連記事

ページ上部へ戻る