20代後半のOLがクレカのコールセンターの副業でめちゃ稼いだ話

副業をしていた時は20代後半でした。本業は在宅でテープ起こしをしていた女性です。テープ起こしだけでは一人暮らしができなかったので、副業を持つことにしたのです。それと、在宅ではない仕事をあえて選びました。

大体平均月収は8万円!短い時間ではめちゃ稼げた方だとお思います。

 

クレジットカードのコールセンターは時給が高くて稼げます

 

クレジットカード会社のコールセンターで副業をしたことがあります。週に3~4日程度、一日4時間程度でいいということだったので本業に差し障りもありませんでした。

 

仕事内容は単純です。クレジットカード契約をしたお客様への契約内容を確認するという電話をすることになっていました。つまり本人確認の電話です。

 

事前にいつ何時何分に電話をするという場所に本当に本人が居るかどうか、在籍確認をします。続いて契約内容を本人に確認します。これで確認完了となり、クレジットカードの保証人などの確認もするという仕事です。

 

確認した内容は個人情報が入力されている顧客のデータに追加します。よって、パソコン作業もできないといけませんでした。面接の時、簡単にパソコン作業をしたこともあります。それで合格したのです。

一日数時間だけで時給が2000円近いという点がとても良かったです。それに、最初は大変でしたが、慣れてくるとマニュアル通りに行えばいいだけなので楽でした。それに、慣れてくるとルーティンワークになります。パソコン作業も同じような画面ばかりなので、入力項目も次第に把握できます。

それから、分からないことがあればすぐに正社員に相談をして対応してもらえるので、特に困ったこともありませんでした。

基本的にはお客様との電話とパソコン作業だけです。

 

それ以外のことはしたことがありません。例えば、来客があって対応するということもないので、対面することが苦手な人でも務まります。後は知らない人と電話で話をすることが苦手ではないのなら、苦痛に感じることもありません。

また、クレジットカード会社ということで、クレジットカードを持っていない私にとってその世界はとても魅力的に思いました。

 

これまで全く知らない世界だったのですが、クレジットカード契約までの流れを知ることができたのです。それに保証人にも連絡をすることになっており、その仕組みなども勉強になったと思います。今後の参考になりました。

コールセンターの副業バイトで大きく稼ぐコツは?

 

副業で稼ぐためには、その仕事に早く慣れることです。私が体験したクレジットカード会社のコールセンター業務は、電話が基本です。

 

そのため、電話対応のマニュアルにそってとにかく練習をしました。練習をたくさん行った甲斐があって、次第に慣れてきました。

 

慣れてくればとても楽です。業務がスムーズになり、他人よりも電話をかける人数が多かったり、スムーズに対応できたりするようになると時給も上がります。

 

ちょうど能力制度となっていたことも良かったです。やればやるほどお給料が上がっていくので、やりがいも感じられました。

それに、どんどん新人が入ってくるため、慣れてくると教える側に周ります。教えるのですから、当然、何でもできるようになっていなくてはなりません。そんなところも向学心や向上心に繋がり、楽しく仕事を続けることができました。

 

コールセンターの副業は稼げるしメリットの方が多かった

本来、副業は本当の仕事ではありません。それでも、場合によっては副業の方が稼げることもあります。

 

稼げるのならどんどん稼いでしまった方が楽です。私の場合、時給がアップするという制度が功を奏したのだと思います。

 

最終的には正社員並の月収になったからです。こうなってくると、長く続けた方がお得に感じられるようになります。特に問題がなければ、ずっと続けたかったものです。

辞めてしまったのは職場の人間関係が原因です。シフト制勤務だったので休みたい時には代わりに誰かに出てもらうことになります。その辺の融通が利かなくなってくると、にんげん関係が面倒になってしまうものです。

 

それと、コールセンターなので、たまにクレームをつける顧客と当たることもあります。そんな時には嫌な気持ちになってしまうこともあるので、その点がなければメリットばかりだったように思います。つまり、打たれ弱い人には向いていない仕事かもしれません。

良かった点は敬語などの電話対応が上手になったことです。これは実際の生活でも役立つことなので良かったです。