試食販売員バイトのおすすめは?月収5万を手堅く稼いだ経験を語る

私は三十代の専業主婦です。 大学在学中から学業よりバイトが好きで、さまざまなバイトを掛け持ちしていました。

社会人になってからもお給料が足りないという理由だけでなく、半ば趣味でコッソリ副業にいそしむ時期も…。

今は家庭で家事と子育てに奔走していますが、そろそろ働きたい欲が湧き出てきています。

 

試食販売員をしていたときに月に5万弱の収入になりました。 自分には向いていたようで、業績に応じて時給が多少上がりました。

 

フルキャストの試食販売の副業バイトの内容は?

当時人材派遣会社のフルキャストに登録していて、フルキャストを通じて頂いたお仕事です。
試食販売は皆さんご存じの通り、スーパーマーケットでさまざまな商品の試食を勧めてその商品の購入を促すお仕事です。

扱う商品は日ごとに違いました。

とはいえ当日言われるのでは無く、あらかじめフルキャスト側から○日はこの商品の試食販売をしてもらいますと指示がありました。

その時に商品のアピールポイントを教えられたり、商品によってはメーカーから専用のエプロンや三角巾などが貸与されることもありました。

ただし試食販売自体についてのマニュアルや研修などはほぼありませんでした。フルキャストからは清潔感のある服装で、お子さんはアレルギーに注意することと指示された程度だったと記憶しています。

自分はもともと接客業の経験があったので結果的には問題なかったですが、何も判らない状態で初めての業務に向かうのは少し不安がありました。

派遣されるスーパーマーケットはイオン系列や地元の大手スーパーチェーンがメインでした。
派遣場所については、メインの職場にバレるのを防ぐために生活圏から離れたエリアに派遣してもらえるようお願いしていました。

その結果、派遣場所がアクセスの悪い郊外になることも多々ありましたが、他の人にとって勤務場所としてあまり人気の無い場所ということで、自分により多くの仕事を回してもらえたので結果オーライでした。

同じ場所で試食販売をしていた他の人に話を聞くと、フルキャストからの派遣はほぼいなくて、他の人材派遣会社や試食販売専門の派遣会社からという人がほとんどでした。

イオン系列だとイオン運営の人材派遣会社からという人が多かったです。現在はイオン系列での試食販売員はフルキャストなどではなくその会社に登録している人がほとんどだと聞いています。

試食販売のバイトをお勧めする理由は?

このバイトをお勧めする理由は新商品を知ることができて面白いこと、いろいろなお客様と接することができること、自分のセールストークで買ってもらえたときの達成感が大変強いことなどです。

特に達成感はかなりあって、試食販売の仕事にやみつきになってしまいました。
デメリットは立ち仕事なので足がとても疲れること、お客さんからスルーされ続けると心がめげそうになることなどです。

それから、試食販売のデメリットというより人材派遣のデメリットですが、まったく知らない場所にひとり派遣されていくので、休憩時間などにどこにいたらいいか判らないということもありましたが、慣れると自分で判断したり、初めに確認することができるようになるので問題ありません。

また、副業で職場にバレるのは絶対避けたいという人は顔を出しながらの仕事なので向いていないかと思います。私の場合は出来るだけ避けたい(規則違反では無い)程度だったので、派遣されるエリアを考慮する程度で働くことができました。

試食販売の副業バイトで稼ぐコツは?

試食販売はただ声を張り上げれば良い成績になるわけではありません。できるだけ商品の印象が良くなるような表情、立ち居振る舞い、声色を心掛けていました。

また、商品によって重点的に声を掛けるターゲットを自分なりに変えたりしていました。
例えばソーセージならお父さん方に、ヨーグルトなら若い世代のお母さん方にというようにです。

自分なりに考えてその商品に興味を持ってくれそうな層に集中して声かけすると購入率が高くなったように感じました。

その成果か、比較的売り上げが好成績だったり、スーパーマーケットのテナントさんから「うちの店で働かないか?」とスカウトのような声を掛けて頂くことも何度かありました。

販売業績は自己申告の他に派遣されたスーパーマーケットからフルキャスト及びメーカーに報告されているようでした。

努力すれば成果が数に現れて次の仕事に結びつきやすくなります。
難しい作業はまったくなかったので、接客業が得意な人にはオススメできる副業です。