週末だけで月収12万稼ぐ!オークション代行の時給とリアルな話・・・・。

大阪市で営業職をしています。 仕事柄急な呼び出しなどが入ることもあるので、 平日は帰る時間もばらばらで安定していないので、副業をする場合は土日に在宅でもできるものを選んでいます。

 

また妻がいるので家族サービスの時間もとれるような副業を心がけています。

私が行っていた副業は、インターネットのオークションサイトの出品代行のアルバイトです。
友人が行っていた、ネット販売を手伝う形で始めましたが結果として月収12万を短期間で稼ぐことができました。

 

オークション副業バイトの内容と時給について

会社などに入ると、時間の拘束があり休日が丸一日つぶれてしまうことになるため、そういった出品代行の会社に入ることも考えましたが、本業にも支障が出る可能性があったのでやめました。

友人は個人事業として行っていましたが、かなりの量の商品を仕入れており、自宅兼倉庫には最高1000個ほどの商品があるときもありました。

 

ひとつの商品の大きさを、特に利益幅が高く見込める商品を除いては基本的に100センチサイズ以下のものしか在庫として置いていなかったので、なんとか一般的なマンション(2LDK)でも在庫を置くことができた、と言っていました。

私が担当していた部分は、友人が撮った商品の写真をデータでもらい、その商品の出品時のタイトルや商品説明のコメントなどを入力していく作業でした。

1件につき40円で請け負っていました。だいたい1件の入力にかかる作業は平均3分ほどだったので、1時間におよそ20件くらい、時給に換算すると800円くらいでした。

だいたい土日で150件くらいの入力を依頼され、週末でだいたい6000円くらいの収入になるのが平均的でしたが、妻が急な用事などでおらず、特にやることもない日には1日中作業をしたこともありました。

そのときは友人も入力が楽な商品を優先的にまわしてくれて、1日で300件、10時間で12000円ほどを稼いだ日もありました。

また余裕のある日は友人の家へ行き撮影までやりました。撮影までやると1件の単価は80円になり、 大体1日で8000円くらい稼ぐこともありました。

とりあえず仕事はたくさんあるので、自分ができる日はたくさんやって、難しい日はあらかじめ言ってくれれば調整する、というスタンスで仕事を依頼されていたので、非常に柔軟に作業量を変えることができました。

オークション出品代行バイトのメリットとデメリット

とにかく、作業をする時間が柔軟に対応できるというのがとても大きかったです。

友人の仕事は、基本的に自分ですべてやる気力を持っているけれど、たまには休まないといけないから多少は人に任せる、というスタンスだったので、体調が悪い日などは遠慮なく作業を休むこともできました。

 

もっとも在宅でできる仕事なので、38度以上の熱があるとか、よほど体調がひどい日しか休みませんでしたが。

微熱くらいのときは少ない量にしてもらったので、そういった働きやすさは非常に大きなメリットだったと思います。

通勤をする必要もないですからね。

特に冬場などは、体調が良くないときに通勤などで電車に乗ると、他の人から風邪をうつされやすくなったりして、体調が悪化するリスクが上がってしまいます。

そうなれば本業を休まなければいけないという本末転倒なことになってしまうので、その心配がないのは嬉しかったです。

知り合いにこういったことをしている人がいなくても、インターネット上でパートナーを募集していることは多いので、柔軟に副業をしたい人にはおすすめできる仕事のひとつだと思います。

ただ、ひとつの作業が40円など、10円単位の仕事になるので、慣れるまではしんどくて時間がかかる割にはなかなかお金を稼げないし、慣れたら慣れたで単調な作業になることが多いので、眠気との戦いなどがあり一筋縄ではいかないところがデメリットかもしれません。

また、こういったインターネットオークションへ出品することによる商売は、自分でも行うことができます。

この出品代行の仕事を通じて、どのようなコメントを書けば高い金額で落札されやすくなるかとか、 どのように写真撮影を行えば、見栄えがよくお客さんが知りたいと思っている情報を伝えることができるのか?

 

など、いろいろなノウハウをたっぷり学ぶことができるので、これも大きなメリットだと思います。私もいずれは自分でこういった副業ビジネスを立ち上げたいと思っています。