イベントスタッフの副業で月収2万!女性の肉体労働は辛い・・。

30代の女性で青子です。 20代前半週5でアルバイト生活をしていました。 メインとなるアルバイトが季節によって収入に偏りがある為、副業バイトの経験が多数あります。

日雇い系のもの、派遣のもの、腰を据えて働いたもの様々です。

年末に大きな会場で行われるイベントのスタッフとして派遣されました。 大体月収は2万円ぐらいです。イベントは二日連続で行われます。 わたしは二日とも派遣されました。

イベントスタッフの派遣会社に面接をし、アルバイト登録をして当日は現地集合になります。 スタッフ数は非常に多く、そのスタッフを取りまとめる役のリーダー的なアルバイトスタッフもいました。

イベントごとに日給は違いますが。その日のイベントの日給は約9000円。 ありがたいことに、弁当と飲み物が付いていました。

朝7時から夕方の5時まで働き、間に何回かの休憩をはさみます。

わたしはアルバイト登録して初めての仕事だったので、まずはカンタンなところからです。 仕事内容は、イベント会場の入り口に立ち入ってきたお客にチラシを配る仕事です。

山積みにされたチラシを一枚一枚とり、一人一人に渡してい行きます。 イベントが始まる前に、机の設置や、段ボールに入っているチラシを取り出していきます。

開場直後は怒涛のように押し寄せる客に負けないように、チラシを渡していきます。 勝手に取っていく客、チラシを踏みつけていく客、とにかく急いで会場の中に入ろうとする客でものすごく殺伐としていました。
1時間ほどで開場直後の波が一段落し、休憩になります。

休憩場所はなんと使われていないトイレ…。

そこに椅子と机があり休憩スペースとなっていました。 ちなみにお昼ご飯はきちんとした控室でいただくことができました。 お昼ご飯を食べたら、また持ち場にもどりチラシを渡していきます。

午後になると入場者もまばらになってきますが、イベントが終了するまで配り続けます。 そして会場の入り口なので、とにかく寒かったです。

外からの風がビュービューと吹きこみ、手がかじかみます。 二日目はそのことを教訓、とにかく洋服を着込んで仕事に臨みました。

派遣イベントバイトのメリットとデメリット

メリットはすぐに仕事ができて、アルバイト派遣会社に録するのはカンタンということです。 面接も大勢で行いアッサリとしたものでした。

面接に来た人は全員登録できると思います。 自分の都合で働くことができ、日給もまあまあ。
正直、責任もあまり求められません。

そして大きなイベントでとにかくスタッフも客も多いです。 その日だけ集まるスタッフが多いので、一人でも平気な方が適していると思います。

同世代が多かったので、仲良くなれば楽しいかもしれません。 しかし、そうでなければひたすら孤独です。
これがデメリットです。 

仕事中は私語は厳禁ですが、休憩中やお昼ご飯の時も一人ポツンとすることになります。 わたしは一人だとなんだかソワソワ落ち着かなくて、逆に疲れてしまいました。

とにかく精神的にグッタリしたのを覚えています。 そして大きなイベントになると、丸一日仕事で拘束されるのがネックです。

しかし、一人でも全然平気、丸一日拘束されたってかまわないという方にはおススメできます。

そして派遣会社にアルバイト登録をして、多くの仕事をこなし実績を積んでいけば、もっともっと責任を求められる仕事が与えられると思います。

会社の社員とも仲良くしている話しているアルバイトスタッフもいました。 その方たちは仕事を多くこなし、信頼を得ているのだと思います。 アルバイト派遣会社はメールで仕事の案内が来ました。

自分の空いている日や時間を使って、とにかく仕事をこなしていけばガッツリ稼ぐことができるでしょう。
しかし副業バイトとしては、メインのアルバイトとの兼ね合いでなかなか融通がきかなかったのでこの大きなイベントのみ仕事をして終わりました。

短期間でお金を稼ぐことができたのですが、もうやらないと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る