子供は3人!田舎のシングルマザーが写真撮影のバイトで月収8万稼いでます。

私は、田舎暮らしのシングルマザーとです。現在、高校生、中学生、幼児の3児を育てています。生活していく為に本業の他に色々自由な仕事をしています。学生時代にインテリア関係の勉強をしていました。

シングルマザーでも稼げた写真撮影バイトの内容とは?

 

不動産の賃貸物件の空室や戸建て空き家を撮影するお仕事です。外観、内観をだいたい一軒あたり30枚から40枚程度撮影します。

まず、不動産屋の求人にて、面接があり、かなりの激戦の末、採用されました。採用者だけ講習会があるとの事で、参加すると、社員さんがデジカメを貸してくれて、撮影の仕方を教えてくれました。

 

デジカメの使い方や、グリッド線の合わせ方や、露出機能などを教わりました。お部屋は、基本、フラッシュを使わずに撮ります。

 

対象物を出来るだけ中心に、最大限近づいて大きく撮ります。ななめ45度の角度から撮ると、格好よく写るそうです。

古びたエアコンでさえも、格好良く見えるように、社員さん曰く、プリクラを撮る時の要領で、明るく盛って撮ってくださいとの事でした。

カメラ講習が終わり、次に空き物件を探しました。物件一つ一つには、管理会社があり、鍵の所在などを調べます。他社に鍵がある場合は、別の不動産会社に出向いて借ります。

そして、実際に近場の空き物件資料を貰い、住所を見て撮影にでかけました。物件資料に、鍵の場所や空き駐車場などが書いてあり、その住所通りに、ナビに入れて現地に行きます。

 

賃貸はたいがい物件にキーBOXがあり、その中に鍵が入ってあるケースが多いので、まず着いたらキーBOXを探します。教えて貰った暗証番号を入力し、鍵をゲットします。

 

そして、チェックシート通りに撮影していきます。一通り撮り終えたら、次の物件に向かいます。渡された資料が終了したら、会社に帰り、パソコンにデジカメの写真を保存します。物件名事にフォルダを作り、保存します。

 

この時に、縦撮りの向きを揃えたり、暗い写真などを取り除きます。

 

それから画像を縮選して、ネットにアップできるものに加工します。そして、自社プログラムの賃貸サイトに一つ一つ入力していきます。画像を入力すると、点数がでるので、画像枚数、情報が十分でパソコンの機能であるかどうかを調べます。

写真撮影バイトのメリットとデメリット

では写真撮影バイトのメリットは何か考えてみます。私の経験では以下の通り。

 

  1. シフトの自由がきく事
  2. 時間があっとゆう間に過ぎる事。
  3. 人と話さなくてよい。
  4. 色々な物件を拝見できる。
  5. 色々な物件に行けて楽しい。
  6. 自分のペースで仕事が出来る。

デメリットもいくつかあります。

  1. 夏は特に、空き家はエアコン無しなので、暑い。
  2. 道が狭い時が多々ある。あり得ないほどの道幅の向こう側に物件がある場合がある。
  3. 駐車場無しの物件に行く時夏は特に歩かなくてはいけないので、辛いこと
  4. 不審者と間違われる。
  5. 綺麗な物件ばかりじゃないこと

 

 

特に怖いのは場所ですね。オンボロアパートや幽霊が出そうな怖い所もあります。また、事故物件にあたる場合もあります。

 

そんな時も一人で現地に行き写真を撮らなくてはなりません。いままでで一番怖かったのは、一面にオーブが写ってしまった事です。やはり、人が住んでない空き家は、きみが悪い時があります。

 

駐車場が無い時、停めれる場所を探すのが少し大変

このお仕事は、いかに綺麗に広く物件を盛れるかが鍵になります。カメラの機能をよく知って、例えば照明のつかない真っ暗な部屋を綺麗に写せるようになる必要があります。

 

グリッド線に合わせてまっすぐにする事も大切です。綺麗に撮影し、ネットでどれだけの集客が出るかを試されています。

 

部屋を広く撮るには、出来る限り後ろに下がります。ベランダや玄関の外に出て撮ります。もし、こんなお仕事をする事があれば、タオルを脇の下にはさんで撮影をする事です。めちゃくちゃ夏は暑いです。倒れたりするんで、塩分もしっかりとりましょう。

シングルマザーは空き時間を有効使って稼ごう!!

最後に私と同じようなシングルマザーの人にメッセージです。ただでさえ子供の世話は大変なのに、それを立った1人でこなすのはめちゃくちゃ大変だと思います。

かと言って、副業バイトを探すと怪しいものばかりで、私の周りにも騙されてしまった方、水商売に手を出してしまった方が結構います。

 

でも子供のことを考えれば、きちんとしたまじめな副業バイトを探した方が絶対に良いです。今回紹介した写真撮影は家の近所でもできますし、すごくおすすめです。

 

全国のシングルマザーのみなさんもぜひ自分に合った仕事を探してみてくださいね!!


関連記事




ページ上部へ戻る