副業では敢えて立ち仕事を選ぶ!体を使って8万稼ぐバイトとは?

40代のパート主婦です。学生時代から暇さえあれば働き、社会人になってからも休日を暇と考え、働いていました。本業は事務、座った仕事がメインなので副業は立って働きたいと思い、身体を使う仕事を敢えて選んでまいりました。

私はデモンストレーションの仕事を行いました。内容としては試食販売などが多かったかと思いますが、仕事は様々ありました。属した会社は多数あり、

 

複数の依頼を受けて仕事していたのですが、〇〇SPと言った会社名が多かったです。

 

セールスプロモーションの仕事は楽しく働ける

 

「SP」というのはセールスプロモーションの事で、つまり、そのまま訳せば「販売促進」となります。

本業の仕事は土日休みとカレンダー通りの休日体系でしたので、土日がメインとなるこの仕事は持ってこいでした。空いている土日に仕事のオファーがあると、その場所に出向いて販売促進をするのですが、一般的には“キャンペーンのお仕事”として知られていると思います。

 

指定されたお店で、指定された商品を宣伝する事となりますが、基本的には一人でその場所に向かいます。

 

そこで使うツール、衣装、グッズ等は先に店に届いていたり、郵送で届いたものを持参するケースもありました。少々難しい商品などの際は一度、その所属の会社に出向いて商品説明やキャンペーンの方法を練習したりする事もあります。

宣伝するものも多岐に亘り、食品などの場合はスーパーなどの店頭で試食販売を行いました。ヨーグルトなどであれば、小さなカップに取り分けて「どうぞ」とお客さんに試食させ説明するという形です。

 

この試食も色々なパターンがあり、ジューサーを使ったり、他の食べ物と一緒に試食品にしたり、その場で加工が必要なものもありました。

 

家電などの場合は説明がメインとなりますので、商品知識はしっかり入れておかなくてはなりませんでした。

試食は子供たちが寄ってきて、必ず購入に結び付くわけではありませんし、家電なども話は聞いてもすぐに買っていただけるものではありません。

 

一応、売れた個数なども記録するのですが、会社側もノルマを課しているわけではなく、あくまで宣伝目的であるので売上云々はそれ程言われません。

 

しかし、人の前に立つ仕事ではあるので、不特定の人に見られています。

 

あまり気を抜いたり、いい加減な仕事をしていると目立ちますので、自己管理ができないと辛い仕事なのかな、とも思いました。

セールスプロモーションバイトのメリットとデメリット

 

少し前の話になるのですが、その際、仕事として派遣される場所は基本的には選べませんでした。

 

都内に住んでいて、どこにでもアクセスは良かったのですが、「今日は横浜、明日は千葉」というように、各地を転々と飛び回る事となりました。

 

遠い時は新幹線にも乗りました。もちろん交通費は出ましたが、最寄り駅などの情報しかもらえず、自分でその場所までの経路を調べ、開店に間に合うように行くのは少々きつい面もありました。

 

会社によっては、前日などに自分で行くお店に電話をし、アポイント確認や仕事内容の確認をする場合もあり、託されているという感覚は強かったです。

また、キャンペーンで使用するツールを組み立てたり、プレゼント用の景品などを自分でセットする作業もなかなか大変でした。

 

通りかかったお客さん(こども)に風船をあげるキャンペーンもあったのですが、その風船も自分で膨らませなくてはならず、これは正直きつかったです。

 

また、バックヤードに置いてあるはずの販促グッズが見つからないトラブルもあり、焦る事もありました。

そしてある時は、配布しなければならないティッシュとうちわ、自分がキャンペーンで使用する衣装を、「現地で渡すので通りで待っていてください」という時がありました。

どういう事かと思ったのですが、通りかかった車からすべてをポーンと投げられるという、衝撃の引き渡し方法もありました。

結局、その日一日の仕事のすべてが自分に託されるため、責任感とプレッシャーは相当あるのですが、独自のやり方で進めていけますし、売れる事、お客さんと接し納得してくれる事で達成感は得られます。

また、自分の知らない新しい場所に行けるというのも、とても新鮮な気持ちになれました。

 

その場ではじめて会う責任者の方とのやり取り、常に新しいお客さんとのふれあい。このようなものは、日常の会社の事務職では味わえない体験だと思いました。

立ちっぱなしのフル立ち仕事で疲労はしますが、それにも増して達成感を感じられる楽しい副業だと思います。年を取ってからは本業としてもやっていこうかと思える程でした。

 

人と接しますが、対人関係を気にせず進めていける仕事なので人間関係に悩んでいる人でもお薦めの仕事ではないでしょうか?


関連記事




ページ上部へ戻る