稼げるの?ベルコの冠婚葬祭バイトの評判は?

初めまして。現在26歳ですが、仕事はアルバイトから正社員まで20種類ほど経験しています。ブラック企業やクビになった経験など変わった仕事をも経験しております。

 

私がやったのはお葬式をする冠婚葬祭ベルコシティホールのお仕事です。副業OKということで、掛け持ちしながら働いていました。仕事内容は、遺族さんのお出迎えや食事の準備。祭壇の清掃やお寺さんのお茶だしなど幅広い仕事でした。お通夜の準備から翌日の葬式の手伝いなど、副業以上の仕事をしていたかと思います。

 

 

ベルコの葬儀屋バイトをやって感じたこと

 

重い空気の中での仕事や、時には遺族同士の相続争いなどが耳に入ってきたり、怪奇現象に見舞われたり辛い仕事ではありました。何回も頻繁に行ける場所ではないし、棺の移動など重荷になる仕事もありましたが、普段見れない裏側を見れて、そしてそこで働けたことは一生の思い出です。

 

働きやすい環境ではありましたので、1年ほど働かせて頂きましたが、また声がかかればやってもいいかなと思えるお仕事です。最初の面接では霊感ある?

 

と聞かれたり、いつ葬儀をやるか予測できない分、シフトは当日メールで連絡が来るという普通の仕事では考えられない仕事ですが、貴重な体験をさせて頂きました。

 

朝は、5時?6時に出勤して朝食の準備。夜は着物に着替えて23時くらいまで働いていたこともありました。アルバイトとして入っているのでそんなに日数は働いていませんが、月にして1番多くもらった給料は6万円ほどです。

 

勤務日数は週に2回または3回ほどです。主に夕方から入ることが多かったのでこのくらいの給料でした。最初の頃は、全くの赤の他人の弔辞を聞いてもらい泣きする場面もあったりしましたが、日にちが経つに連れて時間を気にするようになったりと、慣れって怖いな感じたりしました。

 

さまざまな宗派があるので、祭壇の準備物が異なったり、人数が多いとその分忙しかったりして休む暇などほとんどありません。時間に縛られるため、ちんたら仕事をしていたら全く使い物にならないので、臨機応変な対応が必要です。

 

大変だけど、遺族さんを最後お見送りするとき「ありがとう」と笑顔で言ってくれたときは、本当に嬉しく思えます。なかなか体験出来るような仕事ではないので、冠婚葬祭のマナーや裏側をのぞけて貴重な経験になりました。

 

葬儀屋バイトはニーズ有り!ベルコのシフト内容について

 

まず、住んでいる地域にベルコシティホールがあるかによりますが、ベルコは基本的に募集をしています。難しい仕事で、大変責任ある仕事になりますので出入りが激しいです。

 

朝だけ、夜だけなどでわりと融通が効くので、募集がかかっていなくても電話して採用担当に連絡すれば面接させてくれるケースが多いです。

 

時間も3時間だけとか朝食の準備と片付けだけなど伝えると融通が効くところが多いので、そういうところはメリットだと思います。しかし、シフトがどうしても安定しないため、稼ぎたいときでも稼げないことも稀にあります。

 

1週間のうち、2回しかないとかもあるのでしっかり稼ぎたい!という方と時間の融通が効かない方には向いていないかもしれません。

 

副業から本業になるチャンスもありますし、違う地域のベルコシティホールへの異動も可能です。

 

副業として、このような仕事が出来るというのは、なかなか貴重な体験ですし、普通のアルバイトに比べても自分の成長やマナーに大変勉強できるのでオススメです。時給も高いですし、仕事内容もなかなか面白いと感じる部分も多いので、がっつりアルバイトで働きたいという方にもよいと思います。

 

デメリットは、シフトがわからないことと、悲しい気持ちになることですね。

 

やはり人の死と密接に関わってくる場所なので楽しい仕事ではありません。遺族の問題や、ずっと泣いている人を横目で見ながら仕事をしないといけないとなると、悲しい気持ちに陥ります。しかし、お坊さんのありがたいお言葉、説経を効く絶好のチャンスでもあります。

 

葬儀屋バイトは感動がある!一度やるのはオススメできる

 

普段の生活の中で滅多に聞けることもないので、私はありがたく聞いて生死というものを考えさせられました。自分を高めたいというやる気のある方、人の遺体を見れる方、霊感がない方にはおすすめの仕事だと思います。

 

副業として、確かに気軽に出来るような仕事でもないし、なかなか重荷に思う仕事ではありますが、だれかの役に立ちたいと思う人がいればオススメのお仕事です。


関連記事




ページ上部へ戻る