小紋文様

<空>
小紋シリーズでは伝統的な文様はもちろん、おもしろい柄やなまえにも注目しました。小さな紋の小さなかるたを、見て、並べて、飾って、粋で奥深い世界をお楽しみください。
小紋文様について
武家の裃に用いられたことにより発達した小紋。
その型染技法で渡来文様や伝承文様が染められ、さらには町人の好みで様々なモチーフが文様として表現されました。 [もう少し詳しく>>]

 

●小紋文様かるたは「文様札」「寄り札」「知る札」の三種類セットの絵札からできています。

52種類ある小紋文様のうち、下の5つをご覧頂けます。
七宝 つらのかわ梅 めくり襲ね 忍ばず形
<left
  • 小紋文様一覧
right>

楽しみ方の一例

<空>
かるた遊び

一.かるた遊び 
使用札 …文様札・寄り札のどちらか、知る札 

文様札・寄り札のどちらかをすべて表向きにして場に散らします。
知る札を読み札とし、読み手が文様名を読み上げ
対応する札をいち早く見つけたひとが札を手元にもらえます。
文様名だけで難しければ、解説も続けて読んでみてください。
そこに必ず、手がかりがありますよ。
さらに、すべての札を使って二組対抗戦もできます。
各組で文様札と寄り札のどちらを使うかを決めます。
(どちらの札を選ぶかが、けっこう、肝です)
二手に分かれて組ごとに輪になり、選んだ方の札を場に散らします。知る札の内容を聞き、早く札を見つけた組はその場から札をなくすことができます。見つけられなかった組は札の数が減らず、どんどん難しくなるわけです。


文様あわせ

二.文様合わせ 使用札 …文様札、寄り札 

二種の札をすべて裏向きにして場に散らします。
色の違う二枚を選んでひっくり返し、同じ文様ならもらえます。
あたったひとは続けてめくることができます。
数が多くてたいへん…と思ったら、札を減らしてお試しください。
さらに、升目のように整然と並べれば覚えやすくなります。
はじめのうちはみんなで協力する、一度に四枚めくるなど
難易度を下げる工夫をしてもいいでしょう。

<空>
文様さがし

三.文様さがし 使用札…文様札、寄り札

どちらかの札を裏向きに積んで場に置き、他方の札は表向きにしてまわりに散らします。
山になった札を上から順に一枚ずつめくり、同じ文様の入った札を探します。
対応する札をいち早く見つけたひとが札を手元にもらえます。
ひとり遊びもできます。

<空>
小紋講座

四.小紋講座 使用札…知る札

文様名の由来や歴史にちなんだ解説を読めば、小紋に関する雑学も身に付きます。
また、このかるたの文様は小紋研究家、髙田啓史氏の所蔵品を撮影したもので、文様札には裂(きれ)の柄の等倍、寄り札には同倍率で拡大した裂の写真が入っています。
それぞれの柄の見え方の違い、染め色の違いによる雰囲気の差を味わえます。
お気に入りの柄を選んで飾ったり、着物のお見立てを真似るのもまた一興。
いろいろな趣向で小紋の世界をお楽しみください。

商品概要

商品写真
<空> <空> <空> <空>
紋かるた 小紋文様
内容 三枚組53セット 計159枚
・文様札 52枚
・寄り札 52枚
・知る札 52枚
・予備札 各1枚
・図柄などのしおり
サイズ 箱:W76×H130×D73  約500g
カード:65mm×65mm
生産国 日本
販売価格:2,700円(税別)

ご注文はこちら

*監修者紹介 
髙田啓史(たかだ ひろし)小紋研究家
小紋屋「髙田勝」主人。一九五九年京都市生まれ。全日本きもの振興会主催「きもの文化検定」教本委員長/京友禅振興協議会理事/京都和装産業振興財団評議員/京都織物卸商業組合理事
*主な著書 伝統の染織工芸意匠集1 『小紋文様』(株式会社グラフィック社)