Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夜間の警備のバイトは笑えるほど楽!!副収入で9万を手に入れよう!

私は、介護職に従事しております30代の男性ですが、介護業界はその収入の安さに驚いてしまうものがあります。

 

私も10年この業界に従事しても今だに手取り金額が24万円程であったりしますので割に合っていない仕事だなと思いますし、同期や後輩、先輩も実情に見兼ねて去っていく方々も多く居ました。その状況でやはり必要になってくるのは副業でした。

 

夜間の警備のバイトで副収入9万を手に入れたよ

 

 

総合警備保証の下請けの警備会社で従事しました。私は、デイサービスで介護職に従事する男性職員でしたが、10年勤務しましても手取りが24万円と言う安さで家族を養っていくのにも精一杯と言う状況でしたので、副業を始めることにしました。

 

幸いデイサービスですのでよほどのことが無い限り、夜の6時で仕事が終わりますので、そこから、綜合警備保証の誘導警備の夜間の警備作業に向かうと言う形でした。

 

下請けの警備会社でしたので勤務時間は、柔軟に対応して頂き時給で900円頂くことができました。たまに深夜まで作業が伸びることもあったり勤務場所によって勤務時間が違うと言うものでしたが、家族のために何とか収入を増やしたいと思い、警備会社のアルバイトを続けることにしました。

 

仕事内容としましては、誘導警備がメインになってきます。多かったのが、一般道の道路舗装中に誘導警備をして車両を迂回させると言う仕事が多かったです。

 

道路の工事に伴うために、工事を間近くで聞かないといけないので耳が凄く痛かった思い出もあります。また、やはり警備仕事をしていて辛い状況が雨であったり、夏の期間もそうですが、冬の期間も相当厳しいので、特に冬は寒さで震えが止まらなかったりすることもあります。

 

防寒着を着用して臨みますが、それでも寒いので定期的な休憩が必要なのですが、それでも場所によっては立ちっぱなしでないといけないので、やはり、厳しい仕事の部類に入るのかなと思いました。また、夏場では、熱い上に蚊が飛び回るので携帯蚊取りを付けておかないと蚊に刺されまくってしまうので、熱い上に湿気があり、蚊もいるとなると相当辛いものがありました。

 

逆に一番良い時期は春であったり特に秋が一番良いなと思いました。秋は涼しい風が吹き抜けてくれるので、暑かった状態から涼しくなるのでこの時期が誘導警備としては最適の時期であるなと思いました。また、時間単位で希望して働けるシステムにして欲しいなと思いました。

 

高収入の夜間の警備の副業のポイントとツライ点

 

 

誘導警備のメリットとしましては、とにかく時給や日当が高いことです!時給では私は平均して900円頂いていたと思いますが、会社によっては日当であったりする等、警備会社によって様々です。

 

また、道路工事現場等の場合は、深夜まで作業が及ぶことがありますので、その間ずっと立ちっぱなしでありますので、唯一許されてトイレ休憩と言う程度でした。

 

良かったなと思ったことは勤務場所によってはスーパーの屋内駐車場の警備員で派遣で行って欲しいと言われたことがあり、屋内で誘導警備をさせて頂いたことがあったのですが、屋外での誘導警備作業と比較して冬場では暖かいですし、夏場では冷房が効いているので大変過ごしやすいと思いました。

 

人間関係で辛かったことは、やはり土方の工事現場の人とタッグを組んで仕事をするような形になりますので、「通行人が来ましたので一旦作業を中断してください!」って言おうものなら凄く厳しい口調で対応されたり、無視されることもあったりしたので、工事現場の方と円滑にコミュニケーションを取るのが相当難しいなと思いました。

 

その方々と常に一緒に行動しているなれば次第に打ち解けていけると思うのですが、その日限りの付き合いでは対応が厳しくなるなと思ったのですが、逆の発想で、その日だけの付き合いと思い込めばキツイ厳しいことを多少言われても問題無いなと自分に言い聞かせば楽になると思いました。

 

人間関係で楽しかったことは、勤務場所によっては大休憩が発生したりするのですが、その大休憩の際に、工事現場の方々やスタッフの方々と生い立ちの話しや、

 

今までどんな場所で勤務してどんな学校を卒業したか等、思い出話しで盛り上がれることが楽しかったですね、工事現場は一期一会でありますので怖い人も居れば優しい人もいたり、面白い人もおられたりするので、その日の付き合いで様々な人達と交流できるのが素晴らしい職場であるなと思いました。

 

是非今後も続けていきたいなと思います。

 

夜間の警備のバイトをするにあたって事前準備をしよう!

 

 

警備会社で副業するにあたっては、事前に職場に副業を願い出て了承を得ることが一番得策であると思います。私の場合は、一応申し出まして、経済的事情でどうしても掛け持ちしないといけないと真剣に職場の上司に話しましたらOKしてくれましたので、仕事に支障の無い範囲でしてくださいねと言うことでした。

 

やはり介護業界でデイサービスの場合は、特に深夜業務を伴う通常の介護施設と比較して、非常に給与が低いと実感しますので、何らかの仕事はしなければいけないのかなと思いました。

 

また、警備会社での仕事をする場合や、警備会社によっては日によって勤務地域が違うことがよくありますので、しっかりと季節とその日の気候に合わせた服を着用していかないとダメなので、

 

特に冬場であれば、居住している地域よりももっと寒い極寒の地域に派遣される可能性もありますので、山間でしたら気温が当然低くなりますので、それ相応の恰好をしていかないとなりません。

 

現場に着いてから気づいてしまうようであれば遅いので、自分の身体を壊してしまうことにもなりかねませんので季節に応じた恰好で尚且つ夏であれば蚊除けや着替え等入念に先を予測して準備していくことが必要であると思います。


関連記事




ページ上部へ戻る