バーテンダーの副業はめちゃ稼げる!25万超えたので感想をまとめとく

 こんにちは。この度は宜しくお願い致します。当方は29歳の男性です。現在の職業は自営業で(フリーランス)をしております。ですが過去には色々な仕事を経験してきました。

 バーテンダー、パソコンクリエーター、ドラム奏者、美容部員(化粧品販売員)等です。

 今日は過去に経験したアルバイトの、「バーテンダー」にスポットを当てていきたいと思います。副業バイトで稼げたお金は最大25万円です。

 

土日も含めて週3くらいの副業バイトとしてはかなり良いですよね。

 

バーテンダーの副業バイトの内容

 

自分は上記にも書きましたように、色々な仕事を経験してきました。その中でも「バーテンダー」のアルバイトは、僕の中で最も印象強く残っているアルバイトです。

 仕事内容としては、皆さんもご存知かもしれませんが、「お酒の種類を知る」ところから始まります。先輩バーテンダーにみっちりとしごかれました!(笑)

 「やる気がないなら帰れ!」や「覚える気あるのかな?」「たかが水商売のバーテンダーだ。でもな、されど水商売のバーテンダーなんだよ」と言われました。

 この「たかが水商売のバーテンダーだ。でもな、されど水商売のバーテンダーなんだよ」は、先輩の名言だと思っております。

 因みにこの先輩バーテンダーは、六本木やら歌舞伎町等のバーテンダーのコンテスト(大会的なもの)で優勝やら準優勝をしている方で、バーテンダーをしている人であれば知らない人はいないと言われるほど方でした。

 このように「お酒の種類を知る」ところから入り、「お酒の作り方」も教えて頂きました。僕にとってお酒の作り方は、かなり難しいものであり、メモ帳にお酒の組み合わせ等を書いて業務をしておりました。

 そうしないと業務もできないし、覚えられませんでした。僕が作れるお酒は100種類程ですが、先輩は3000種類+オリジナルのカクテル等を持っている人です。

 そして、「接客」についても教えて頂きました。「お客様が何を欲しているか?」「お客様の気分は今日どうか?」「お客様はどういう人なのか?」を瞬時にして8割くらい判断しなくてはいけないと教えられました。

 そして、お客様の目と靴を見ることを徹底的に教え込まれましたね・・・先輩のことを「鬼だな」と思えるような教え込まれようでした。

 出来ればお客様の鞄も見る事を教えられました。しかも鞄のブランド等を見ろ!ということではないのです・・・鞄の「状態」を見ろ!と言われました。

 これはどういう事か?というと、くたびれている鞄ならばお客様は「くたびれている」し、汚れているような鞄ならお客様は「周囲が見えなくなっている」と教えられました。

 その他、雑用としてトイレ掃除やら皿洗い、補充などがありましたね。

バーテンダーのメリットデメリット

 僕がしていた副業のアルバイトの「バーテンダー」は先ずもって楽しい!と思います。

 この楽しい!というのが最大のメリットだと思うのです。楽しいというのは、ちょっとオシャレな服装をして、雰囲気のある店内でお酒を作る優越感と、「自分がカッコイイ!」と錯覚できるのが先ずもって楽しいのです。(笑)

 

 そして、色々なお酒を作るのも段々と楽しくなってきますし、お酒についてもっと知ろうとします。よってお酒の本等を買い込み、勉強するほどになっておりました。(笑)

 

 もうひとつの楽しさというのは、色々なお客様に接客が出来る事ですね。接客する事によって、「世の中って本当に狭いし人間って色々な人がいるな」とつくづく思うと思います。そして、「十人十色」という言葉が身に染みる職業だとも感じると思います。

 

 次に楽しさというよりメリットを書いていきたいと思います。やはりバーテンダーというと、「バー」やら「ダンスホール」・中には「キャバクラ」や「スナック」での勤務となります。時間帯も「夕方から夜・真夜中」が当たり前の仕事です。

 

 よって昔ほどではないのでしょうが、昼間のお仕事よりお給料が若干高いのも魅力だと思います。

 

 例えば昼の仕事で日当が8000円のところを、バーテンダーは9000円やら1万円が普通です。2~3ヶ月くらいすると、昇給して1万2000円くらいになる時があります。

 

 バイトでも時給が1100円やら1250円というのがあります。どんなに安くても900円を下回る事は、あまりないと思います。

 

 そして、即金でお金が欲しい時の強みとして、バーテンダー(水商売はほとんどかな?)は、「日払い」やら「週払い」が可能なので、そういう部分もとても有難かったので、メリットだと思います。

 

 デメリットとしては、嫌味に聞こえるかもしれませんが、バーテンダーをしていると女性にモテてしまいます。僕のように女好きで、彼女のいない人はお持ち帰りして頂いてしまうこともあります。(笑)

 

 いやぁ・・・スッキリした。(笑)ですが、奥様がいらっしゃったり、彼女のいる人もモテますが、やはり彼女一筋や奥様一筋の方が多いので、意外ときちんとしております。

 

 自分のいたバーは、人間関係はとても良好であり、休みの日は一緒に飲みに行ったりするほど仲が良かったです。もう一度、あのバーで機会があれば働きたいです。

 

 因みに今年の夏場は人手が足りないらしく、1ヶ月ほど手伝ってくれないか?とも先輩からお話を頂いておりますので、手伝うかもしれません。(笑)

 因みに日当は1万円は保証するとのことでした。

 

バーテンダーの副業をやっての感想

 

バーテンダーのバイトをするならば「本当にお酒が好きな人か若しくはお酒に興味のある」人じゃないと続かないと思います。(笑)

 確かにカッコよく見えるでしょう!華やかに見えるでしょう!ですが、バックヤードやらキッチンやカウンターでは、とても苦労して仕事をしなくてはいけない業種です。

 

 そのお客様の顔色やら雰囲気等も察しないといけない、時間を見て店内を見回ることや、トイレ掃除、補充、念のために着替え等の予備を用意しておく等、結構神経を使うアルバイトでもあるのです。

 

 因みに着替えに関しては、お店で用意してくれる場合が殆どですので、出費の必要はないと思います。

 

 それと「先輩に服従できる人」じゃないとだめです。服従できないと衝突してしまいますよね?そうするとカウンターやら店内の雰囲気が悪くなってしまい、それがお客様に伝わり、お客様が早々に退店してしまうのです。

 

 現に自分はこの目で、その様な現場を見ております。大学生のお兄ちゃんが、先輩に服従出来ずにその有様でした。そして、次の日に電話で「辞めます」ということでした。

 

 最後になりますが、バーテンダーは立ち仕事なので、足腰もかなり辛くなります。お酒を作る事で、手も痛くなり腱鞘炎等にもなりやすい職業でもあります。

 

 上記の事を覚悟で、バーテンダーの門を叩いて仕事をして続けていける自信のある方は、バーテンダーをしてみてもいいと思います。とりあえずは、昼職よりは給料やら時給も良いですし。

 

 ですが、「自信がない」人は悪いことはいいません。別な仕事をなさった方が、あなたの為でもあるし、雇う店側の為でもあるのです。

 よく考えてみてくださいね。

 偉そうにすみませんでした。


関連記事




ページ上部へ戻る