学進館での副業バイトは、週末塾講師は月に6万稼げる楽しいものだった!

30代男のタカハシといいます。現在はライターをしています。私は過去に塾講師として副業をしていた経験がありますので、その体験を紹介したいと思います。

 

塾講師は楽そうに見えるかもしれませんが準備が大変だったので、その辺の詳細をお伝えできると思います。私はこの副業バイトで最大月6万円稼ぎました

 

個別指導の学進館での副業バイトの内容は?

 

副業バイトの内容ですが、私の場合は『個別指導の学進館』という会社に採用されました。

これは京都に展開している塾なのですが、全国区ではないので知っている方は少ないと思います。生徒数は私のいた校舎では大体50人程度でした。中学生がメインなのですが、小学生や高校生も通う塾でした。個別授業をメインにした補習塾、という位置付けで生徒を募っていましたね。

副業の仕事内容は主に学校の授業内容についていくのに不安を感じている生徒たちに個別で勉強を教えることです。私のいた塾では1コマ90分で、講師は一日2〜3コマを担当することが多かったです。

具体的な内容ですが、校舎へ行くとすぐにタイムカードを切り、その日の生徒に合わせた授業の内容を指示書を通して確認します。それから行う授業の単元に目を通し簡単に予習します。授業が始まれば席に着き、2〜3人の生徒に対して授業を進めていきます。

基本的に授業中は学校で教えている内容に沿った教材で生徒の苦手なところを復習したり、次に来る単元の予習をしたりします。

授業が終わるとその日の進捗等を連絡帳に書き込みます。これで1コマの授業が終了します。

授業の間に休憩時間があるのですが、講師はその間、次の授業の準備をしたり生徒の相手をしたりするので、あまり休憩はできません。
全ての授業が終わると日報を書いて、何か伝えるべき大切なことがあれば校舎の責任者に直接伝えます。

これで一日の業務が終了します。

私は本業との関係上、週二日でシフトを組んでもらっていました。

塾の繁忙期は基本的に学校の長期休暇(夏冬春)と受験前ですので、その頃になるともっと授業に入れないか?と尋ねられることも増え、シフトに関する交渉を社員の方と繰り広げることになります。

通常、学校が終わる夕方から授業は組まれるのですが、とくに長期休暇中の講習は午前中から授業が組まれることもあります。その分全体の授業数が増え、講師が必要になるんですね。

 

週末塾講師バイトのメリットとデメリット

塾で副業バイトをするメリットはたくさんあると思いますが、1つは子供と接することができるという点です。私が担当した生徒の中で1番小さい子は、小学1年生でした。その子に対してひらがなの書き方や足し算や引き算を教えるのは、非常に楽しい経験でした。

また中学生や高校生に教える時でも、生徒が今までわからなかったことをわかってくれる瞬間があります。子供はそのような時に素直に感動を表現してくれるので、その時は本当に講師をしていて良かったなと思いました。

子供と接する仕事といえば学校の先生ですが、資格が必要だったりとハードルが高いです。一方の塾講師は比較的簡単になることができます。小学生から高校生位の子供と接することが好きな方には本当にお勧めです。

しかし、デメリットもあります。最大のデメリットは、給与に反映されないのに予習が大変だと言うことです。特に私は学生時代の勉強内容を忘れていたので、結構な時間を割くことになりました。塾講師を副業に選ぶなら、前提として学生時代に勉強が好きだった、という方になるかもしれません。

その他にもアルバイト講師は学生が多いことが個人的にはデメリットでした。

 

副業として塾講師をする場合、周りの講師は自分よりも若いことが予想されます。若者たちとノリが合えば良いですが、私の場合は少し難しいところがありました。

また勉強嫌いな生徒に向き合う必要もあります。もちろん仕事なので仕方がないのですが、勉強を教える前に生徒を勉強に向かわせる努力が必要になることはよくありました。

 

中には何回も同じ説明をしているのに、覚えてくれない子もいます。そんな生徒に対しては辛抱強く接することが求められます。

子供を預かっているという性質上、保護者の目を気にしながら生徒と関わる必要もあります。

 

生徒は家に帰ると親に塾のことを話すので、その時に大きな問題にならないように、常識の範囲内で生徒と接する必要があります。

授業中に質問したのに先生に答えてもらえなかった、という一言がクレームに発展することもあるので、細やかな注意が必要です。

 

これから週末塾講師のバイトをしたい人へ

これから塾講師を副業バイトにしようと考えている方にアドバイスがあります。

1つ目は、塾のスタイルを事前によく調べるということです。一口に塾といっても、私がいた補修塾と受験対策に特化した進学塾があります。

生徒の目的によって授業の難易度は変わってきます。

また個別指導と集団指導では教え方は大きく変わります。どのような方法でどのような生徒たちに勉強を教えたいのか、ということを整理するためにもよく調べておきましょう。

週末だけやるならそこまで負担があるものは避けたいですね?

2つ目はデメリットのところで触れましたが、予習をする時間が予想以上に必要になるということです。

 

塾で生徒に勉強を教える時に「わかりません」と言う事はできません。ぱっと調べてすぐに答えることができる程度には、授業内容を熟知している必要があります。

そのような部分で時間を割くのが難しい方は、あまり向いていないかもしれません。

しかし逆にいえば、一度授業内容を覚えてしまえば仕事内容は楽しいですし、座って生徒が勉強する様子を見守りながら口を動かせばいいので楽ではあります。

一年経つと授業内容が一回りするので、そこを超えられるまで頑張ってみるのも良いですね。

子供が好きな方にはとてもおすすめの副業バイトなので、興味のある方は挑戦してみてください。

 


関連記事




ページ上部へ戻る