温泉コンパニオンのバイトは稼げる!看護師しながら副業でプラス10万!!

現在看護師をしています。。これまで高校を卒業し看護学校に入り、ずっと医療の現場にいました。

しかし医療の世界だけでは、自分はまだまだ世の中を知らなさすぎると思いさまざまな副業バイトをしてきました。そのなかで最も稼げた仕事を紹介します。

 

私は看護師の仕事をしながら、時間があるとき、またタイミングの良いときだけ週末、温泉コンパニオンの副業をしていました。これだけで給料プラス10万の副収入です!

 

副業温泉コンパニオンの仕事内容とは?

温泉コンパニオンとは、温泉で宴会をする人たちに呼ばれてコンパニオン業務をすることです。私の地元には、有名な温泉街がありました。大きな旅館やホテルがあり、時には宴会も行われていたのです。その宴会に呼ばれて仕事をしていたのです。

主な仕事の内容は、ホテルの仲居のような、またコンパニオンのような感じですね。始めはお酒を注いで回り、料理に気を配り、人の動きに目を配りながらお酌をしていくという仕事でしたね。

またお客様がカラオケをするときには一緒にデュエットをしたり、ゲームに参加するということもありました。

温泉コンパニオンを始める前には、単にお酌をすればいいのだろうと思っていましたが、まさに宴会場に入るときから並んでお出迎えするところから仕事が始まります。

その前にはミーティングが行われ、今回のお客様はどのような人たちか?どのような目的でここに来たのか?

 

またどんな要望があるのかということを伝達する会議も行われましたね。

 

温泉コンパニオンのバイトではありましたが、適当な考えでは決してできる仕事ではありませんでした。先輩から動きを常に監視されているような気もしたものです。また自分の動きが悪ければ、次はどこに行くように、こうするようにと指示を受けることもありました。

コンパニオンは気軽な気持ちで始めたのですが、意外に厳しく仕事は決して楽ではありませんでした。

ただほかのところからくるお客様に接することはとても楽しく、新鮮なものでした。またいつもいろいろなお客様がいるので、仕事が飽きることなくいつも新鮮な気持ちでできたことを覚えています。

宴会が終わるとお見送りまで行い、時には2次会に進むこともありました。もちろん延長料金をいただいてですが。大体一回の宴会が2時間から3時間で終了し、移動時間も含め。副業一回が4時間程度の勤務時間でした。

 

温泉コンパニオンのメリットとデメリット

温泉コンパニオンのバイトはとても楽しいバイトです。ただお酒が好き、楽しい席が好き、人とかかわる仕事が好きという人は向いているでしょう。あまり社交的ではなく、お酒は苦手という人は少し難しいかもしれません。

 

しかし必ずしも飲まなくてはいけないというわけではありません。もちろんほかのコンパニオンがカバーしてくれますし、飲めなくても仕事はこなすことはできます。

また温泉コンパニオンは夜の仕事です。そのため夜遅くなることは覚悟しておかなくてはいけません。副業しては、週末の夜に宴会に入るのはとてもベストな時間帯です。

 

また夜ということは時給もそれだけ高くなります。また温泉コンパニオンは単発でも入ることのできる仕事です。それを考えると、本業を持ちながら副業をしたいという人には最適です。

私はもともと接客をする仕事は好きなほうだったので、温泉コンパニオンはとても向いていたと思いますし、とても勉強になった副業です。

またどんな仕事もルールがあり、マニュアルがあり、楽な仕事なんてないなあというのが感想です。そのため興味あることはやってみないとわからない!私の人生の勉強にもなったので、温泉コンパニオンはおすすめのバイトだと思います。

 


関連記事




ページ上部へ戻る