Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

覆面調査の副業バイトで月8400円を手に入れました!

現在、45歳でクリーニング屋でパートしています。子供は小学生6年生が二人、双子なので日々のお菓子代だけでも生活費がカツカツです。パート代だけでは足りないのでダブルワークでたまに覆面調査の仕事をしています。

 

覆面調査のバイトってこういうもんです

 

 

キャリアマムで見つけた覆面調査ですが、ほかの覆面調査は店舗に出向いて商品を購入して店員の態度などを評価する仕事が多いのですが、私の覆面調査の対象はタクシー会社でした。ある特定のタクシー会社のタクシーに乗り、乗務員の態度、言葉使いなどを20個ちかいチェックポイントを確認し、ネットのフォームより報告します。例えば乗車した際に乗務員から客に話しかけて行き先を確認したかどうか、シートベルト着用をすすめたかどうかです。

 

降車の際にも客に「忘れ物はありませんか」「領収書は必要でしょうか」と乗務員は尋ねなくてはならず、それも覆面調査員のチェック要項でした。降車する時も気が抜けない、子供つれで乗車は可能でしたが調査にも集中しなくてはなりません。

調査するタクシーの台数は月5台、時間帯も指定されており昼間の時間3台、夜間に2台です。タクシー乗り場から乗るタクシーだけをチェックするだけではなく、タクシーのコールセンターから迎えのタクシーを呼んだケースもそのうち2台含めなくてはなりません。もちろんコールセンターの対応にもチェック項目があり「あと何分で送迎にいける」と担当者が待ち時間の目安を行ったかどうかもチェックしなければなりませんし、当然オペレーターの名前も覚えてないと報告書がかけません。乗務員の名前は必ずチェックし、領収書をもらいネットのフォームに写真をアップ出来ないと報酬はもらえません。

 

報酬は1台につき1200円、月5台で6000円でした。たまに調査員が足りなくなると2台追加で月7台となります。タクシーに乗る地域も決まっており、その地域以外でタクシーに乗っても調査の対象にもなりません。

ネットのフォームから納品すると、発注者のキャリアマム担当者からチェックを受けて具体的な事柄を書いていないと修正依頼がきました。乗務員とのやりとりを第三者に分かるように具体的にシンプルに書かなければいかず、最初は言葉がたりないとよく修正をもらっていました。

 

覆面調査のバイト:タクシーの運転手の調査のメリット

 

 

タクシー覆面調査のメリットは、ペーパードライバーで普段車を運転しない人が移動に気軽にタクシーに乗れることです。子供の習い事の送迎や通院にタクシーを利用しても、覆面調査なら後に1200円が戻ってくる仕組みです。加えて覆面調査の報告を書く作業でライティングスキルを磨けることです。第三者に分かる文章を書く技術が最初にくらべて格段にのびました。こうして口コミライターの仕事が出来るのも覆面調査の時に文章の分かりにくさを散々指摘されて直す作業を繰り返したおかげだと思います。

タクシー調査のデメリットは一見、ネット上で情報をやりとりするから人間関係では悩まないように見えますが、覆面調査を続けいていると同じタクシー乗務員に何度もあたるようになり、向こうも私が調査員だとうすうす勘づいているのが分かる時があるところです。こちらは仕事とはいえ批判的な事も書かなければならず大変です。加えて夜間のタクシーの調査は、とりわけ夜にタクシーを使う用事もないので、タクシー調査をするためだけに外出しなければなりませんでした。

 

担当地区のタクシーに乗車できるところまで夫に車で送ってもらい、初乗りの地点でタクシーを降りて、また夫に迎えに来てもらったりしました。タクシーを迎車で呼んだ時はコールセンターの対応も調査しなくてはならず、担当者の名前を聞き損ねたりする失敗をしてしまうと、調査はやり直しとなり、その分の報酬はもらえずに自腹となってしまいました。タクシー乗り場でタクシーをつかまえる際も乗務員の名札で名前を即座にチェックし、いつもスマホにうつ振りをしてメモしていました。名前を覚えることが苦手な私にとってはそれがきつかったかもしれません。

また良心の問題も無きにしもあらず、以前、タクシー調査に何も知らない実母を同乗させたところ、私の行動に疑念をいだかれました。覆面調査をしてるというと「人をだますような仕事するなんて」と説教されたこともありました。純粋にビジネスと割り切れないと難しいです。

 

覆面調査のバイトのつらいところはこんなこと

 

 

キャリアマムでは神奈川県を中心にタクシー覆面調査員をしばしば募集をしています。もし育児や介護などで日常的にタクシーを利用するなら、この副業はかなりお勧めです。人間観察が好きな人ならタクシー乗務員のしぐさや態度などをチェックすることは楽しいかもしれません。逆に向いてない人は感情が顔に出やすい人、緊張すると頭が真っ白になって記録どころではなくなってしまう人、領収書をもらいそこねてしまうと報酬も請求できません。

加えて覆面調査の報告は100文字近い文章で乗務員の様子を書く欄が3か所ちかくあり、文章作成が苦にならない人じゃないときついと思います。乗務員を褒めることばかりかいて報告書を提出したところ、もっと批判的な記述もふやさないとバランスがとれないと指摘されたこともありました。

 

本当に良い対応をした乗務員だったのにもかかわらず、あらさがしみたいなことをして無理に追記しなくてはならないのは嫌でしたが、発注者であるキャリアマムが欲しい情報を書くことが仕事なのだからと自分を納得させなくてはいけない面もあります。相手の要望にこたえるようなライティングセンスも必要になりますので、そこは覚悟して仕事に応募したほうがいいかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事




ページ上部へ戻る