Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

10万円の副業アルバイトの口コミ:国勢調査の仕事

現在30代後半主婦をしております。学生のころからいろいろと日雇いバイトの経験をしてきました。現在も、パートで働きつつ掛け持ちでアルバイトをしております。日雇い、長期など様々経験しておりますので、皆様のお役にたてると幸いです。

 

4年に1回の国勢調査の仕事をしていました。国の仕事となるので、市役所からの依頼となり、扱いは臨時公務員といった形になります。
期間は約2か月間で、この週までに何の仕事、次の週までにはこの仕事、というように期日が決まっており、それを守れるのであれば時間は何時でもいいという感じでした。もちろん一軒一軒訪問していくので、あまり朝早かったり夜遅かったり、というのは無しで、あくまでも常識的な範囲で、といった形です。

 

主婦でもできた国勢調査の副業の内容やポイントのまとめ

仕事内容は、
①自分が回る地域の地図と、回るお宅の位置を確認し地図にしるしをつける。(すべてに家を回るわけではありません)
②これから国勢調査をはじめます。ご協力お願いいたします。といった内容のチラシのポスティングをする。
③調査書の配布をする。本人に直接手渡しが望ましいです。できなければ何回か訪問し、それでもいなければお手紙付きでおいてくるようにします。
④調査書の回収をします。回収も内容の確認をしたいため、あらかじめ何日の何時にお伺いします、といった内容のチラシを配ってからお伺いします。
⑤内容の確認をして間違っていたら直してもらい、
⑥内容の確認、データの収集をします。専用の紙に内容を記入しまとめます。
⑦すべてを期日までに終わらせ、役所に提出して終わりです。

公務員の臨時職員ということで、仕事に使うバインダーや筆記用具、専用定規、夜暗いときに使用するライトなど、こんなものまで?という備品がすべて支給されます。自分で用意するものは何もありませんでした。必要なのは時間と体力のみです。

 

自分の時間で働いている人ならば時間に融通が利いていいかもしれません。逆に、訪問先のお宅の時間に合わせなければいけない場合もあるので、土日に動けなかったり、夕方暗くなる頃などに動けないようなお仕事をしている方は大変だと思います。完全に自分が決めた時間でやる、というわけではないので、主婦の方であれば家族の協力も必要になってくるかと思います。

 

国勢調査の副業のメリットとデメリット

 

仕事内容はそんなに難しいものではないのですが、回収するのにだいぶ手間がかかります。また、基本的に一軒一軒回って直接お願いしなければならないし、ポスティングもしなければならないので、歩いて回ったりと体力がものをいう仕事でした。しかも時期が夏場の暑い時期(8月~10月頃)なので、日中は暑さ対策が必須です。熱中症にでもなったらお仕事どころではなくなってしまうで・・・。

 

最近では共働き家庭が多く、平日の日中はお留守の家が多いので、土日に回らなければいけなかったり、平日の夕方(6時以降)に行ったりと相手に合わせなければいけないところもあり大変でした。お留守のお宅には3,4回足を運ばなければいけないこともあります。

 

人間関係は全くないです。すべて個人でのお仕事になりますので、ほかの人とどうこう、というトラブルは一切ありません。ただ、調査するお宅に突然訪問してお話をするわけですから、知らない人と会話をし、内容の説明をする、というスキルは必要です。

 

担当する地域にもよりますが、私の担当したところはお年寄りが多かったので、内容の説明も結構時間がかかるところもありました。でも、4年に1回とみなさん経験してきていらっしゃるので、「国勢調査です!よろしくお願いします!」というと大体の人が「ごくろうさま」や「もうそんな年なのねぇ」とすんなり受け入れてくれるお宅も多かったです。たくさんの方にお会いするので、世の中にはいろんな人がいるんだなぁ、と勉強にもなります。

 

なにも言わずにそっけなくドアを閉める人や、話し相手がほしくて関係のない話をしてくる人など、本当に様々なので社会勉強にもなると思います。相手の立場になってものを考えれるようになった、ということでしょうか、こんな大人にはなりたくないな、など訪問販売をしている人にはもう少し優しく接してあげよう、という気にもなります。こういった点では人生においてメリットがあったのではないかな、と思います。

 

国勢調査のアルバイトのポイント

 

もしも国勢調査員になりたい、というのであれば、これまでお話しした通り、体力、時間、最後までやり通すことが必須となってきます。お留守だからと言って途中で投げ出すわけにもいきませんし、本業が忙しくて行けなかった、など適当に済ませてしまうわけにもいきません。国がこれらのデータをもとにいろいろな仕事をするのですから、そこら辺の責任はしっかりと負ったうえで仕事をしてほしいと思います。

 

あと、個人的に注意してもらいたい点としては、飼い犬には十分に気を付けていただきたいです。私は玄関があきっぱなしだった家のピンポンを押したところ、人ではなく大型犬がでてきて足を3か所噛まれました。一応リードでつながれてはいたものの、車1台分くらいの長さがあるもので、逃げても逃げ切れず途中で捕まってしまいました。飼い主といえば悪びれもせず、突然訪問してきたあなたが悪い、という態度・・・。狂犬病の注射はしているから、と言って謝ってももらえませんでした。

 

もちろん労災ということで処理してもらえましたが、足に傷跡も残っており散々でした。このような家はなかなかないかもしれませんが、これからバイトをしたい、という方にはくれぐれも気を付けていただきたいと思います。


関連記事




ページ上部へ戻る