Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日雇いバイトの実態!アパレル会社の副業バイトで3万円収入を!

現在30歳、一般企業でマーケティングの仕事をしているOLです。
今でこそ会社の仕事に集中していますが、20代の頃はお給料も少なく、週末は「日雇いバイト」のサイトに登録してこっそり副業をしていました。
そのときの経験を紹介させていただきます。

 

日雇いバイト、「アパレル」業界で副業アルバイトの体験談

 

有名アパレル通販サイト「ZOZOタウン」には古着買取事業があり、
その買取センターでの日雇いアルバイトをさせていただきました。
ユーザーさんから、買取希望の古着が送られてくる、物流センターです。

 

最初に任されたお仕事は、服たたみと包装です。
ユーザーさんから送られてきた古着を一着一着、社員の方がチェックをして、ブランドごと・状態ごとにに分けたり、時には「買取不可」にしたりと仕分けをします。
「買取可」となった服は、データベースに情報が入力されます。
その服をたたみ、販売するものはOPP袋に包装するという仕事でした。

この作業は班分けされており、各班ごとに毎朝、1日の目標枚数を「私の班は、なん枚たたみます!」と宣言していました。
班は、社員さん1名とバイト数名で構成される班です。

「服をひたすらたたむだけ」というのは、単純作業のため、ついついダレたり飽きたりしてしまいそうですが、各班にいる社員さんが自らも同じ作業をしながら、時にはメンバーに話しかけたりして、班を盛り上げてモチベーションを上げながら作業していたのが好印象でした。

 

何回か通ううちに、作業にも慣れ、社員さんとのコミュニケーションも増えてきた頃。
なにげない雑談で、私が普段パソコンを使って仕事をしているという話をしていたら「今日は、たたむ以外の仕事も頼みたい」と言われました。
そこで任されたお仕事は、買取可となった古着のデータ入力でした。

 

社員さんによって「買取可」に仕分けられた服を、パソコンの前に持って行って、必要な項目を打ち込んでいく作業です。
例えば「ブランド名:グッチ」「ジャンル:ジャケット」「対象:メンズ」「素材:レザー」・・・といった項目です。ファッションには特別詳しくはない自分ですが、タグなどを見れば問題なく対応できる作業でした。普段まったく見かけることのない高級ブランドの服を見られたりして、面白かったです。

 

単純作業も多かったですが、雰囲気がよく、社員さんによるバイトの管理・モチベーションアップも上手だったため、飽きることなく楽しく作業させてもらいました。
また、新進気鋭のベンチャー企業の裏側が見れたのも、良い経験でした。

 

日雇い派遣「アパレル」の副業アルバイトのメリット

 

この副業のメリットは、2つあります。

1つめは、様々な服を見ることができる、という点です。

ZOZOタウンの古着買取センターには、全国各地から買取希望、査定希望の服が、毎日何十箱、何百箱と届きます。
その中にはGAPやZARAのようなファストファッションから、シャネルや、アルマーニのような高級ブランドまでありました。

 

ある箱を開けたら、よれよれのおばあちゃんの服が入っていて、その次の箱にはセリーヌのワンピースが入っていたり。
服だけではなく、ハットなどのファッション小物もありました。

 

自分が普段目にすることのないハイブランドが届いた場合は特に、ファッションにあまり詳しくない自分でもワクワクしましたので、ファッションが大好きな方にとっては、この上なく面白い現場だったのではないかと思います。

 

2つめは、新進気鋭のベンチャー企業の雰囲気を味わえることです。
いきなりZOZOタウンの会社に転職することはできませんが、その一端を垣間見ることができました。

 

私がお仕事させていただいた場所は、いくら「古着買取センター」「物流センター」といえども、
若くてオシャレな社員さんたちがほとんどで、

 

作業が捗りそうな明るい音楽を流しながら、元気よく仕事を進めて行く環境でした。
そんな若いベンチャー企業の雰囲気を、数日限りとはいえメンバーとして、一員として体験できたのはとても楽しかったです。
(平日に本業として勤務している会社が、なんだか堅苦しく思えてくる、なんてことも・・・)

 

日雇い派遣「アパレル」の副業アルバイトのデメリット

 

デメリットは、どうしても単純作業が多いため、ちょっと飽きがちなことです。
こちらの会社さんでは飽きないように色々な工夫がされているのですが、
(班分けして、作業量を班ごとに競うといったゲーム感覚で作業する。場内にアップテンポな音楽を流す。雑談もOK!など)

 

それでもずっと続けていれば、飽きることは飽きます。
当然、単純作業だからこそ、日雇いバイトでも任せてもらえるわけなので、仕方ないことだと思います。

 

日雇い派遣「アパレル」の副業アルバイトをお勧めするポイント!

 

ZOZOタウンさんの会社全体のことはわかりませんが、少なくとも古着買取センターはとても雰囲気のいい場所でした。
社員さんも、バイトを上手にマネジメントしようと工夫されているのを感じました。

 

私は本業がお休みの週末を使い、「日雇いバイト」として何度か通ったわけですが、嫌な思いは1度もしませんでした。
なので、興味のある方はぜひ応募してみることをおすすめします。

 

また、会社の特徴として、社員さんは非常に若くておしゃれな方が多いです。
茶髪やネイルもOKです。
バイトのメンバーにはもちろん色々な人がいますが、やはりオシャレだったり若かったりする人の方が、

 

雰囲気に馴染みやすかったり、楽しみながら作業できるという部分はあるように思います。
私が見ている限りでは、何度も繰り返し来ている日雇いバイトの人(いわば日雇いのリピーター)というのは、
そのような「馴染めそう」な人である確率が高かったように思います。(私も当時は20代半ばで、ネイルなどが好きでした)

とはいえ、やることは単純作業の反復ですから、無口な男性の方でも全く問題はありません。
むしろ、大きな段ボールを運ぶといった力仕事がどうしても伴いますので、男性の力は必須で、頼りにされていました。

気持ちよく働ける現場でしたので、機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事




ページ上部へ戻る